人生の逆風の中で見つけた希望の風を、小説、エッセイ、童話、詩などで表現していきます。

風の仲間たち 復活の力によって

風の仲間たち 復活の力によって

 

 

我が愛する友が、晩秋のころから持病が悪化してお気の毒な状態が続いていた。緊急を要する状態ではないのですぐ命に危険が及ぶことはないのだが、そのかわり即効薬も治療もない。じっと家に閉じこもっているだけである。体が弱くなれば心も弱くなる。消極的になる。友はクリスマスも新年もひたすら在宅であった。時々お訪ねしても以前のように話に花が咲くこともなく、いたたまれずに早々に引き上げるしかないのだった。そのうちにメールも電話も途絶えてしまった。独居ではあるがご親族がおられるのでその点では安心であったが、ご親族も首をかしげる状態が続いた。

 

昨日、突然携帯が鳴った。友からではないか。まるでたった今目を覚ましたような、晴れやかな声が響いてきた。すぐ伺いたい旨を伝えた。飛んで行った。マンションのチャイムをドキドキしながら押した。ドア越しに明るい声が漏れて、すぐに戸が開いた。笑顔いっぱいの友の顔があった。なんということだろう。理解に苦しんだが、良くなったみたいと、友は案外平然としている。人間も冬眠するんだと思ったり、春のエネルギー、その元である復活のイエス様のいのちによって強められたのだと悟った。友は「イースターおめでとう!」いった。私も「イースターおめでとう。主よ、感謝します」と祈って手を取り合った。

 

まだ背中や腰が痛くて長く座っていられないけどと、ベッドに就いたので失礼してきたが、途絶えていたメールも復活して以前の交流が始まった。どうかこのままさらに快方に向かいますようにと祈るばかりだが、数か月の暗闇から抜け出せ、私の心にも春の陽が差し込んだ。

 

 

 

 

 

風の仲間たち comments(0) -
日々の風から イエス・キリストはよみがえられた!

今日は復活祭!

 

イエス・キリストがよみがえられたことを記念し、

感謝し、喜ぶ日です。

日本中の、世界中の諸教会が、

スペシャル・プログラムで礼拝をささげています。

 

クリスマスと並んで、

この日もぜひ、教会へ急ぎたいものです。

では、行ってまいります。!!

日々の風から comments(0) -
日々の風から 花散らしの雨

日々の風から 花散らしの雨

 

 

桜とは不思議な花である。

前評判も高く、これほど開花の待たれる花はないと思う。

開花宣言まで出され、満開を待って押すな押すなとばかり人々を呼び寄せ、絶賛を浴びる。

幸いな花である。

しかしその命はあまりにも短い。

せいぜい10日か2週間のいのちであろう。

 

 

人は桜の何を愛するのだろう。

その美しさか、その短命を愛おしむからか。

あるいは桜とともにやってくる春がうれしいからか。

わたしはどうだろうか。

春が来ても桜が見られなかったらそれはもう春じゃない。

たとえ短かろうが、満開の桜の下に立てれば大満足である。

その下で宴会をしなくてもいい。

桜吹雪に出あえれば最高である。

今年はあまりにも有名な上野公園の桜を垣間見た。ほぼ満開の時に。さすがに見とれた。

 

日々の風から comments(0) -
旅の風から 春休みの旅 つづき

 

旅の風から 春休みの旅  グアムへ つづき

 

 

 

 

 

 

 

小さな家族だけど全員の都合がよい日を選ぶとなると、意外に困難です。春休みで学校はお休みと言えどもお休みのようでもない。部活などでいつもと変わらず出かけていく。暇な人は私だけです。ようやく日取りが決まった時にはどこを探してももう満員でした。特に飛行機が取れませんでした。こちらの条件も厳しいのです、時差の少ないところで英語圏。孫たちは現地で英会話を実践したいとのことです。そこで、グアムになりました。行ったことはないのですが、あまりにも月並みではないかと、大いに気が乗るところまでは行きませんでしたが、家族だけだから気が楽というものだと、参加を決意しました。

 

行き先が常夏ですから衣類はかさばりません。それに、ホテルは連泊ですから途中でいくらでも洗濯ができます。私は国内旅行用の機内にも持ち込める小さなスーツケースにしました。それで十分でした。時差一時間、フライトはわずか三時間半。それでいてさすがに外国です、沖縄とは大いに気分が違いました。そして、今回ほど楽な旅はありませんでした。

 

 

 

 

旅の風から comments(0) -
日々の風から 春休みの旅

 

月曜日から今日の金曜日まで

春休みなのでめったに行けない顔ぶれである孫たちと

家族旅行に行ってきました。

連れて行ってもらったというべきか。

さらに、孫たちといっしょはこれが最後かも〜〜〜。

そんな感傷にも浸りながら、初めから終わりまでリラックスした

家族ならではの旅になりました。ひとまずご報告です。

 

旅の風から comments(0) -
日々の風から 桜の開花宣言・それぞれの観桜

日々の風から 桜の開花宣言・それぞれの観桜

 

21日に、東京で開花宣言が出された。標本木と指定されたソメイヨシノに5輪咲いたとのことで、これが宣言の基準とか。全国で一番早いとはちょっと腑に落ちない。東京よりも南で暖かい場所がたくさんあるだろうに。それはさておき、開花宣言が出たからと言ってすぐにお花見に出かけられるわけではない。まだまだ早い。近くの公園の桜はつぼみは小さく固い。今年は長く楽しめると報じていたので、4月上旬までは持つのではないか。

 

しかし思うに、なぜ毎年、毎年、桜、さくら、サクラと大騒ぎするのだろう。お花見に理屈は要らないと叱られそうだし、かくいう私も理屈抜きでさくら大好きである。桜の里にいる友からメールがきた。いよいよ春本番、忙しくなりますと。ここにも桜に浮かれる同類がいる。ところが友は桜の里にいるのに、わざわざ東京の千鳥ヶ淵へ毎年繰り出してくる。あの人混みの中へ、である。私は行かないが。友はあそこの桜を見ないでは桜を見たとは言えないと持論を掲げる。そうかなあと思う。私は反対に地方へ観に行きたい。人それぞれに桜の楽しみ方があるのかもしれない。聞いて廻ったら珍しく楽しいエピソードがたくさん出てくるに違いない。

 

母を思い出す。家から数分のところにミニ公園があり、桜樹が30本ほどある。母はまだ独り歩きができる頃は、朝に夕に出かけていた。晩年の楽しみの一つであった。遠くの外出は誘っても乗ってこなかった。ひとりで近くの桜を楽しんでいた。自分がだんだん母の方法に似てきているのを思う。母がベッドと車いすの生活になってからは、花が見ごろになると連れ出した。生き生きとした反応はあまりなかったが、頷きながら上を見上げていた。桜の好きな母であった。私もこれから毎日葉桜になるまでせっせと通う積りである。

 

 

日々の風から comments(0) -
世相の風から 宅急便一考

世相の風から 宅急便一考

 

昨今我が家もついに宅配便の玄関チャイムが頻繁に鳴るようになった。私自身は何事も時代遅れだから、ネットで品物を買うことなどおよそ興味がなかった。だいたいが通販にはあまり信用を置かなかった。靴下一足、大根一本だって自分の眼で見て確かめて頷かないと買えなかった。ところが、おやっと思ったことがあった。「本」が買えることだった。家の若い者たちにたびたび箱が届く。本が届く。私もほしいと思っていた本がすいすいと届く。マネをしたくなった。

 

手取り足取りして教えてもらううちに自力でできるようになり、それが届くとうれしくなった。かつて郵便屋さんが手紙を配達してくれるのを待つのに似た気分なのだ。今ごろは手紙はほとんどメールに変わって、手紙の代わりに物が配達されるようになった。大きいものから文庫本一冊まで、またたく間に運んでくださる。はじめのうちは恐縮するほどありがたかったが、だんだん慣れてくる。頼めばすぐ届くのが当たり前になってくる。恐ろしいほどだ。

 

世間が騒ぐようになって第一に思うことはやはり配達してくださる方のことだ。仕事なのだから当然のことと言えばそれまでだが、人手不足だそうで負担は大きいようだ。通りを見れば車で移動する人ばかりではない、リヤカーで運んでいることもある。かつては飛脚がいた。あの人たちは手紙だけでなく物も届けたそうだ。

 

宅配であるが、こうした高齢化社会、ネット社会が進むと、どうしても利用してしまう。たぶん私に限っても徐々に増えることは間違いない。お世話になるという思いである。ほんとにありがたいと思っている。配達の方には愛想よくしお礼を言うのはもちろんだが、おおもとの会社が知恵を出しあってよりよい方法を考えていただきたい。

 

世相の風から comments(0) -
世相の風から 3・11から6年・原発いじめ

 世相の風から 3・11から6年・原発いじめ

 

あの日の恐怖を今さながらに思い出す。遠く離れた東京にいても、私の70年を超える人生の中でもあれほどの底知れない不気味さに震えたことはない。さらに原発事故が重なり、思えば一か月、二か月は、日常の半分以上は宙をさまよっていた。いまなお苦悩の中におられる方々の思いはいかばかりであろう。

 

最近いやなニュースが大きく聞こえてくる。原発いじめである。これにはほんとにびっくりした。被災された方々に支援できない心苦しさはいつもある。思いの中にすぎないが同情心だけはあふれているつもりだ。日本中の人たちが同じ思いだと疑わない。それなのにである。いじめるとは何事であろう。それも大した理由がないのにいじめると聞く。まして、賠償金をうらやましがって、せびる人たちまでいるという。それも子どもたちが、である。どうして日本人の品性がここまでみじめになり下がってしまったのか。いつからそんなにさもしくなったのだろうか。寒々とした思いになる。犠牲になった命、失った財産、故郷は戻らない。せめてその何百万分の一、いや海辺の砂粒の一つでも、補えるように「まことの愛」を、物心両面から贈りたい。

 

 

世相の風から comments(0) -
日々の風から  三歩前進二歩後退、春と冬のせめぎ合い

日々の風から  三歩前進二歩後退、春と冬のせめぎ合い

 

 

有名な「早春賦」を引用させていただきます。

 

春は名のみの 風の寒さや
谷の鶯 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず
時にあらずと 声も立てず

氷解け去り 葦は角ぐむ
さては時ぞと 思うあやにく
今日も昨日も 雪の空
今日も昨日も 雪の空

春と聞かねば 知らでありしを
聞けば急かるる 胸の思いを

いかにせよとのこの頃か

いかにせよとのこの頃か
 

立春のころからときどき口ずさんでいるが、歌詞に感嘆する。心憎いほど実相を表していると思う。地域によるが、梅が匂い、桃が開き、早咲きの桜が咲き誇っているけれど『今日も昨日も 雪の空  今日も昨日も 雪の空』に困惑することもある。

 

今週は東京も寒い。衣服の調節に忙しい。寒い思いはしたくないが、といって暑いとはまだ感じたくない。そこで工夫が要るが、自然の力との戦いにさえ思えてきて、我ながら吹きだしたくなる。見えないところで、春と冬がせめぎ合い、格闘しているのだろう。歌の三番の『いかにせよとの この頃か いかにせよとの この頃か』にも笑い出したくなる。確かにそのとおりである。

 

しかし、である。春は必ずやってくる。いや、もう春なのだ。こどもさんびかが口をつく。

『春をつくられた かみさまをうたおう』ハレルヤ!
 

日々の風から comments(0) -
日々の風から 弥生ついたちの風に乗って 

日々の風から 弥生ついたちの風に乗って

 

 

 

 

 

昨年末に10年ぶりに胃カメラの検査をしましたが、その場で見えた限りにおいては何事もないと診断されました。組織検査もしたので今日はその結果を聞きに行きました。何の問題もなくピロリ菌とやらもいないとのことで、今後のことは何も言われず、無罪?放免となりました。隣町の個人クリニックで、我が家からは都バスで4つほど先の地域です。

 

ほっとして外へ出たものの、家を出てからまだ30分ほどしか経っていません。せっかく外出モードになっているので、すぐに帰宅するのも能がないように思っていたところ、まるで私の心を知っているかのように目の前のバス停には上野行きの車がいて、まさに扉を閉じようとする瞬間でした。飛び乗ってしまいました。家の方向ではではありません。上野ならどこで降ろされても構わない、そうだ、公園内でも散歩してこようと、バス中で行き先が決まりました。バスは吾妻橋を渡り、今日も人だかりしている雷門の前を通り、合羽橋通りを突っ切り、いつもの上野駅の前で留まりました。下車して山に上っていきました。

 

もう、そこここに桜が咲いていました。もちろんソメイヨシノではないのでしょう、早咲きの種類なのでしょうが、お花見の先取り気分です。人影がまばらなのが何よりでした。気温は13度。まだまだ寒く、しっかりコートを着込んではいますが風がないので歩きやすい陽気でした。ときどき外国語が聞こえてくるのが以前とは大いに違うところです。バッグにカメラが入っていたのがラッキーでした。

 

 

 

 

今日から早やくも3月です。まだ季節の戻りはあるでしょうが、冬の峠は越えたように思います。雪が積もることのなかった冬でした。それどころか、ほとんど降らずでした。今になってみると、一回ぐらいはせめて家の前の雪かきくらいはしたかったなどと、だれやらに聞かれたら即刻叱られそうなたわごとをつぶやいてみたことです。いいえ、凌ぎやすかったありがたい一冬でした。

 

 

日々の風から comments(0) -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PROFILE
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
RECOMMEND
美しき姉妹たち
美しき姉妹たち (JUGEMレビュー »)
三浦 喜代子
最新本です。
ぜひお読みください。
SPONSORED LINK