人生の逆風の中で見つけた希望の風を、小説、エッセイ、童話、詩などで表現していきます。

日々の風から キャンドルライト礼拝に
 24日はどこの教会もいつもよりずっと門戸を広く開けて(教会はいつも歓迎体制ですが)一般の人が来られるのを心待ちにしています。

 私の教会は昨夜、燭火礼拝をしましたので、今日は親友の教会へ出席しました。

 この教会はプロの音楽家たちが何人もおられるので、奏楽も賛美も聞き応えがありました。信仰心だけでなく芸術ごころも快く刺激されました。ソロもコーラスも心にしみました。わけてもハンドベルの演奏は特別に感動しました。大勢でしているのにまるで一人の人が演奏しているように自然に美しく聞こえてきます。一致することの極地がここにあるように思いました。演奏者たちの緊張感が爽やかに伝わってきて、思わず背筋を伸ばして耳をそばだて、ベルの動きに目を凝らしました。

 大人に混じって子どもたちも聖書朗読に加わっていたのはとても新鮮でした。子どもたちはそれぞれ分厚い聖書を抱えて、けんめいにマイクに向かっていました。教会は大きな大きな家族なのだと実感しました。

 牧師先生は、クリスマスのメインデーは明日の25日です。イブは前夜にすぎません、クリスマスはイブで終りではなく25日が本番です。明日の礼拝にもおでかけくださいとお勧めをしておられました。

 ほんとうに、明日がクリスマスのクライマックスです。明日はいつもより身支度に気を付けて、一張羅を着込んででかけましょう。救い主イエスキリストの誕生パーティに招かれているのですから。

 イエス・キリストは『その名は不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君』とも呼ばれるお方です。






日々の風から comments(0) -
季節の風 クリスマスケーキ
20051224_23397.jpg
今年のケーキは3段重ねです。デコレーションは子ども向き。ケーキをかこんで、讃美歌諸人こぞりてと、イエスキリストのお誕生日ですから、ハッピーバースデー・ジーザスを元気にうたいました。孫たちの歌声のおおきいこと!ケーキの食べっぷりのみごとなこと! 我が家の小さなクリスマス会です。
季節の風から comments(1) -
日々の風から イブイブ礼拝に
 クリスマスイブの礼拝は通常24日の夜ですが、私たちの教会では今年は1日早めて23日の祝日にしました。
 ウイークデーですと、仕事をしている社会人たちはなかなか出席できません。それで、お休みの日にしてみたのです。イブではないのでイブイブ礼拝です。

 正式にはキャンドルライト礼拝、燭火礼拝とも言います。それぞれに小さなキャンドルが渡され、その明かりの下で聖書が朗読され、クリスマス讃美歌をうたいます。ゆらゆらとキャンドルの炎が燃えていると、いつもよりずっと落ちついて優しい心になれるのはなぜでしょうか。

 礼拝が終わるとティータイムです。クレープとシュトーレンののったお皿が配られました。
 朝から気を入れてクレープを焼きました。健康が支えられて、クリスマスの奉仕ができるのは何よりもうれしいことです。
 
 明日はほんとうのイブです。この日には信者でなくても多くの人が教会に行きます。日本中の教会に、世界中の教会にあふれるほどの人が集いますようにと祈ります。
 平和の君、イエス・キリストに、世界の平和を祈らずにはいられません。
 

日々の風から comments(0) -
季節の風 クリスマスツリー その4
20051223_23049.jpg
我が家のツリーです。孫たちが飾ったのでお気に入りがびっしりです。ツリーにとってはさぞ重いでしょうが、しっかり耐えています。
季節の風から comments(0) -
クリスマスツリー その3
20051223_22769.jpg
寒波の影響で木枯らしが吹き荒れています。有名な店舗の正面のツリーです。無理やり飾りたてられたようなツリーですが、精一杯クリスマスの一役を演じているけなげな姿がいじらしくて、しばらく見とれました。
季節の風から comments(0) -
季節の風 クリスマスツリー その2
20051222_22508.jpg
孫娘の通う幼稚園でクリスマス会がありました。礼拝堂のツリーは大きくはありませんでしたが、園児たちが取り囲んで歌をうたうのにはぴったりでした。
季節の風から comments(0) -
日々の風から 園長先生の涙
 4歳になる孫娘は隣りの区にある教会の幼稚園に通っています。残念ながら私の教会にはないので、そうしています。

 クリスマスは教会の幼稚園では最大のイベントです。園児たち全員が参加して、聖書の記事に従ったキリストの降誕劇をします。この幼稚園は毎年ページェントにして降誕劇をします。孫は今年は天の軍勢の一人に扮しました。大きな星の冠を小さな頭に乗せて歌ったりせりふを言ったりして大熱演でした。

 最後に初老の園長先生がお祈りをしました。園児たちの成長と幸せを祈ったとき、突然、声がうわずり、つまって、止まってしまいました。涙があふれたようでした。

 園長先生がどうして泣いたのか真相はわかりませんが、おそらく、先頃、世相を騒がせたいくつかの悲惨な出来事を思い出したのでしょう。
 ここにいる子どもたちが、いや世界中の子どもたちが、何事もなくすくすくと成長してほしい、と切実に思ったのでしょう。それが熱い涙となったのでしょう。

 園児たちはすぐ察したようです。あっ 園長マンが泣いてる、園長マンが泣いてるよと口々に言い合っていました。園長先生の愛の涙は列席の大人たちにも伝わり、みな、目にハンカチをあてていました。

 涙を持って園児たちの成長と幸せを祈る幼稚園に、大切な我が子、我が孫を預けてよかったと、大人たちは一様に思ったことでしょう。

 ここには神さまの喜ばれるほんとうのクリスマスがありました。クリスマスの主人公イエス・キリストは、愛するために、心砕いて涙するために、降誕したのです。
日々の風から comments(0) -
旅の風から 風花の舞う地へ その2
 知人の教会ではウイークデーに地域の婦人を対象に集いがあります。お料理の会と賛美の会です。いっしょにお料理を作ってともに食したり、讃美歌やゴスペルを覚えて歌ったりしています。クリスマスなので、礼拝と祝会を計画したそうです。この日のために教会の婦人たちがそれぞれお料理を分担して持参します。

 夕食後、知人は明日のための準備を始めました。チョコレートケーキを焼き、グラタンをオーブンに入れるところまで整え、骨付きの鶏肉を漬け込み、大根をサラダ用に刻み、ドレッシングを和え、白菜とベーコンのスープの下ごしらえをしていました。刻みものや洗い物を引き受けて手伝いました。
 
 夜が更けていきます。しんしんと冷えているのがわかります。外に出て外気に触れてみたかったのですが言い出しかねました。思わず、明朝が銀世界でないことを祈りました。
 夕方、買い物に出たとき、金星が見たこともない大きさで輝いていました。聖書に出てくる、イエス様のお誕生を知らせる不思議な星へ思いがつながりました。
 先に就寝しましたが、知人はそれからランチョンマットやプログラムを印刷したようです。
 
 集会には、教会員ではない婦人たちが4人も出席しました。聖書も、イエス・キリストのこともほとんど知らない方々がこうした集まりに参加するのは教会にとってはたいへんうれしいことです。
 
 全員でクリスマスの讃美歌を何曲も歌いました。教会でいつも歌の指導をしておられる婦人がすばらしいソロを聴かせてくださいました。心に深くしみ入る歌声でした。
 私も一役を負いました。『ともにいてくださる神さま』と題して自分の体験をお話しし、創作クリスマス童話を朗読しました。
 その後、知人が短くメッセージをしました。
 教会員の婦人たちは新人4人に暖かな心配りをしていました。
 祝会が盛り上がったことは言うまでもありません。

 初めて教会のクリスマスを味わった4人の婦人たちは、いままでよりもう一歩教会に親近感を抱いたのではないかと思えました。

 クリスマスには教会を訪れる人や洗礼を受けてクリスチャンになる人が多々おられます。クリスマスには人の人生を改革、変革、新生させるダイナミックな風が吹いています。イエス・キリストのいのちの風です。それは希望の風です。



旅の風から comments(0) -
旅の風から 風花の舞う地へ
 知人を訪ねて一路北上する新幹線に乗り込みました。寒さは東京の比ではないと聞かされていましたので、ふだんの倍も重ね着して、数カ所にホカロンを張っての出で立ちです。

 空気が澄み切っているせいか、列車がまだ都内を出ないうちに山々が見えだし、小さくではありましたが富士山まで視界に入ってきたのには驚きました。秩父の山々、群馬、長野の山々、その背後に頂を白くして聳えるのは北アルプスでしょうか。
 とにかく壮観の一語しかありません。関東平野も終りに近づくころには今までの快晴がうってかわって曇り空。遙か山の上空は濃い灰色の雲です。ああ、雪なのだろうなあと想像しました。
 
 駅に降りたつと頬に当る空気は痛いほど冷たいのです。外へ出るとちらちらと細かい白いものが飛んでいます。風花でした。時折日が差すのに、それでも風のまにまに飛び交っていました。珍しいのでなにやら心がうわずってきます。寒さと戦う土地の人々には叱られそうですが。
 出迎えられて、車中から外を見れば、道路脇にはうっすらと雪が残っていました。
 
 明日は知人の教会でのクリスマス会に参加します。夕食には教会の方々からいただいたという白菜やおネギをたっぷり入れたおなべを楽しみました。

旅の風から comments(0) -
季節の風 クリスマスツリー
20051220_21062.jpg

先日、友人と東京駅へ行きました。ついでに某ビルのツリーを見てきました。光いっぱいのツリーでした。
季節の風から comments(0) -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PROFILE
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
RECOMMEND
美しき姉妹たち
美しき姉妹たち (JUGEMレビュー »)
三浦 喜代子
最新本です。
ぜひお読みください。
SPONSORED LINK