昨日の風から クリスマスを想う その2

  • 2007.12.05 Wednesday
  • 20:48
アドベントが始まってクリスマス礼拝を迎えるまでの間、私の部屋に流れる音楽はクリスマスメロディー一色なります。メサイヤもこの時期に聞くといっそう感動します。
また、クリスマスの聖書箇所や、クリスマスにちなんだ書籍をまた広げます。このたびは、忘れかけていた一冊が目にとまりました。『クリスマスハンドブック』1991年にCS成長センターが出版したものです。そこに、私が書いたクリスマスのお話しがあります。幼稚科向けに依頼されたものです。今日はそれをアップします。


クリスマスのお話し
 いつ聞いても、何度聞いてもうれしくなるお話し、それはイエス様のお生まれになった日のことです。このお話しを聞く人に、神様は大きなお恵みをくださるでしょう。なぜって? イエス様は神様からのプレゼントなのですから。

天使の知らせ

「おはよう、マリヤ。神様からのお知らせをします」
 天使ガブリエルはうれしそうに言いました。
 マリヤはびっくりして、ちょっぴり怖くなりました。
「心配しなくてもいいのです。あなたは男の子を産みます。イエスという名前にしなさい。その子は世界の救い主になります」
マリヤは少し考えて、言いました。
「わたしはまだ結婚していないのですが」
「マリヤ、神様にはできないことはありませんよ」
 天使のことばを聞いて、マリヤの信仰が強くなりました。
「わたし、喜んでお母さんになります」
 マリヤはきっぱりと言いました。

飼葉おけのイエス様

「マリヤ、泊まるところが見つからない。困ったね」
 マリヤといいなずけのヨセフはベツレヘムにやってきました。ローマ皇帝の命令で、お役所に自分の名前を届けるためでした。マリヤは赤ちゃんが生まれそうになっていました。    ヨセフは心配でたまりません。宿屋はどこも満員で泊まれないのです。
「神様、マリヤと赤ちゃんのために休むところを与えてください」
ヨセフは祈りながら、また探して歩きました。
ある親切な人が言ってくれました。
「気の毒だね。家畜小屋でよければ使っていいよ」
 まもなく、マリヤは元気な赤ちゃんを産みました。でも、ベビーベッドはありません。赤ちゃんは飼葉おけに寝かされました。
「マリヤ、この子が約束の神の子なんだね」
二人はすやすやと眠る赤ちゃんの顔を、いつまでもいつまでも見つめました。

羊飼いの訪問

その夜は、いつもよりずっとたくさんの星が輝いていました。ベツレヘムの近くの野原で、羊飼いたちが野宿して、羊の番をしていました。
「こんなに静かで、こんなに美しい夜は初めてだ」
「そうだなあ、とても幸せな気分がするよ」
急に空が明るくなって、真昼のようになりました。
「これはなんだ!」
「怖いなあ」
天使の声が聞こえました。
「よい知らせです。今夜、救い主がお生まれになりました。目じるしは、飼葉おけに寝ている赤ちゃんです」
「聞いたか、救い主が生まれたんだって」
「確かに聞いたぞ。大事件だ。みんなで行こう」
空には天使の歌声がいっぱいに響きました。
「栄光が神のあるように、平和が地にあるように。ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ」
 羊飼いたちは飼葉おけのイエス様を見つけました。
「救い主に会えてよかった」
 羊飼いたちは町の人々にも知らせました。

博士たちの訪問

「あの星はどこまで動いていくのだろう」
「星が止ったところに救い主がおられるのだ」
イエス様がお生まれになって少したったころのこと。ユダヤの国のずっと向こうの東の方から、博士たちがやってきました。博士たちは星のあとについてきたのです。
「あっ、星が止ったぞ。救い主はあそこだ」
博士たちが入っていくと、マリヤとかわいらしい男の子がいました。
「おお、このお方こそ本当の救い主だ」
 博士たちは大切に持ってきた黄金、乳香、没薬をささげてイエス様を礼拝しました。これが2000年前のクリスマスです。小さいけれど喜びいっぱいのクリスマスでした。
 さあ、私たちもイエス様のお誕生をお祝いしましょう。イエスさまへのプレゼントも忘れずに、ね。

スポンサーサイト

  • 2020.05.31 Sunday
  • 20:48
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    目を輝かしてお話に聞き入っていたであろう幼子たちの姿が浮かんできます。
    • すみれさん
    • 2007/12/06 7:49 AM
    これは聖書にあるとおりを言葉をかえただけです。お時間がありましたら、聖書の、マタイの夜福音書ルカの福音書をお読みくださいませ。
    • すみれさんへ
    • 2007/12/07 10:13 PM
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    美しき姉妹たち
    美しき姉妹たち (JUGEMレビュー »)
    三浦 喜代子
    最新本です。
    ぜひお読みください。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM