日々の風から 十字架上のことば わたしは渇く

  • 2020.03.25 Wednesday
  • 10:23

日々の風から 十字架上のことば わたしは渇く・礼拝説教から

 

イエス・キリストは朝の9時に十字架にかけられ、午後3時に息を引き取られたが、その6時間に7つの言葉を言われたと聖書は記している。最後の3つは死の直前である。

 

5番目に当たるのは「わたしは渇く」である。渇くとは喉が渇く、お水が飲みたいという体の欲求である。ある程度想像はできる。しかし本当にはわかっていないことは確かである。

 

この時のイエスさまは、前日の夜に捕えられて以来、一晩中裁判にかけられ、数か所を引きずり回され、鞭で打たれ、いばらの冠をかぶせられ、全身から血が噴き出していた。体の水分が失われていた。十字架にかけられる時、手足にくぎを打ち込まれた。6時間絶え間なく出血が続いたのだ。それによる渇きである。いかばかりであったろうか。それしか言えない。

 

●イエス様の渇きは、

イエス様は100%神であるが、100%人間であった。私たちと同じ肉体を持つ人間であった。「わたしは渇く」は人間イエスの肉体の渇きである。なぜなら、この時イエス様は私たちの罪を一身に引き受けて罪の代価として十字架で死んでくださったからだ。痛みだけでなく、凄惨な渇きをも負ってくださったのだ。それは、イエス様が聖書の示すまことの救い主、メシヤであることを示すためであった。さらに、そのことによって神の愛を明らかにするためであった。

●他の人々の渇きを覚えて奉仕することを教えている。

 人はみな渇いている。体において、特に心において渇いている。他の人の渇きを知ったら、水を飲ませ、パンを与えるのを忘れてはならない。

●自分の渇きを満たす

 自分の魂がどれほど干からびているかを知ること、その渇きはイエス様のもとに来てイエス様の下さる水を飲まない限り決してうるおされることはない。

 

ヨハネ4章13〜14節

『この水を飲む人はみな、また渇きます。

しかし、私が与える水を飲む人は、いつまでも決して渇くことがありません』

 

中国の武漢から発生した新型コロナウイスル肺炎は

今や世界中に禍を広げ

とどまるところを知りません。

必ず終焉の日を信じますが

一日も早まることを祈り続けます。

 

スポンサーサイト

  • 2020.05.31 Sunday
  • 10:23
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    美しき姉妹たち
    美しき姉妹たち (JUGEMレビュー »)
    三浦 喜代子
    最新本です。
    ぜひお読みください。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM