人生の逆風の中で見つけた希望の風を、小説、エッセイ、童話、詩などで表現していきます。

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
天の星のように―母エバから母マリヤまで 美しき姉妹たち
Search
<< 日々の風から 私の新春 その2 多発する転倒、つまずき : main : 世相の風から 新型肺炎とコロナウイルス >>
日々の風から アボンリーヘの道

日々の風から アボンリーヘの道

 

偶然にネットで配信しているカナダのテレビドラマ「アボンリーヘの道」に出会い、年末年始を楽しんだ。30年も前に制作され、日本でもずいぶん昔に放映されたらしいが全く知らなかった。「赤毛のアン」で有名なモンゴメリーのいくつかの作品から作られた。これも有名なプリンス・エドワード島が舞台になる。

 

7シリーズ合計91本が放映されたが、気が付いたときは期限が迫っていて全部観ることはできなかった。とても心が残っている。全巻がDVDになっている。一瞬ほしくなったほど捕えられているが、いやいやとんでもない。無料だから見たまでのこと。しかしレンタルで借りてきて観ようかなどいまだに思う。多分それもしないだろうが。

 

作中人物の一人が忘れられない。彼女はヘティと言って、アボンリーの村に一つだけある学校の女教師である。独身で、毅然として、周囲には頑固者と言われるほど、自説を曲げす、ぶれず、プライド高く生きる中年女性である。

 

この物語はそもそも一人の少女を主人公に始まるのだが、私には子供達よりも、大人たちに心が傾く。その代表がヘティなのだ。50歳の誕生祝いの話があったから、今の時代ならまだまだ若い女性の部類だ。しかし、70歳くらいに見える。熱い親近感が沸く。毎日でも彼女の顔が見たい。ドラマにこんなに心奪われたのは久しぶりだ。ますます暇人になったせいだろうか。

 

 

 

日々の風から : comments(2) : - : kibounokaze :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
アマゾンはお使いですか?
会員だとまだ無料で視聴できるようです。
| のんびりハンナ | 2020/01/24 9:26 AM |
ありがとうござます。会員ではないのです。思案中なのです。家族が入っていてもだめですよね。笑
| ハンナさんへ | 2020/01/26 8:11 AM |
コメントする