<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

日々の風から クリスマスの思い出話し

日々の風から クリスマスの思い出話し分かち合い

 

 

昨日、アドベント第3週の聖日、教会で長年担当している成人科「グローアップクラス」のクリスマス会をしました。毎年の恒例です。礼拝前の30分が当てられるのですが、いつもはレクチャーと分かち合いです。熱々の淹れたてのコーヒーを啜りながら進めます。礼拝だけ出席する方々より30分以上早く来られるのです、熱い香り豊かなコーヒーの一杯に、寒さや緊張がやわらぐとよく感謝されます。もちろん礼拝堂ではありません。多目的ホールです。

 

クリスマス礼拝の前の週、第三週にクリスマスと一年の感謝を合わせて、ふだんのプログラムから離れてひと時を過ごします。特別にクリスマスケーキが振舞われます。朝っぱらからですが、皆さん別のお腹に、喜んで、上手に納めてくださいます。昨日は17名がテーブルを囲みました。レクチャーがない分、分かち合いの時間に余裕があり、全員がわりにたっぷりとクリスマスの思い出やクリスマスの聖書箇所から話が弾みました。クリスチャンホーム出身者でない方のほうが多いので、世の中のクリスマスを経験した方からふだん聞いたことのないお話が飛び出して珍しかったです。お父さんが毎晩のようにバタークリームたっぷりのケーキを買ってきて食べさせられたというお話は面白く拝聴しました。

 

聖書では、女性は受胎告知されたマリヤのおどろきや主に従う信仰など、女性目線の感想が聞かれました。面白いことに男性の数人がヨセフを賞賛し、彼の信仰がなかったらクリスマスはなかったと強調され、一躍ヨセフがヒーローになりました。

 

今年、成人科のサプライズは牧師夫人のリードで賛美が豊かになったことです。この12月は「ノエル ノエル」というフランスキャロルを教えていただき、高音、低音、さらに輪唱が入って楽しく歌いました。今年のクラスは新年まで休会になります。来週はクリスマス礼拝で大型のプログラムですからクラスはお休み。30日は越年感謝礼拝と教会の内外を新年バージョンに整理整頓するため休会です。主が許してくださればクラスは来年も続いていくでしょう。信じて祈って備えていきます。

 


スポンサーサイト

  • 2019.01.16 Wednesday
  • -
  • 14:24
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

search this site.

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

recommend

recommend

美しき姉妹たち
美しき姉妹たち (JUGEMレビュー »)
三浦 喜代子
最新本です。
ぜひお読みください。

links

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM