希望の風

人生の逆風の中で見つけた希望の風を、小説、エッセイ、童話、詩などで表現していきます。

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 日々の風から 教会が主役・クリスマスの月 | main | 日々の風から クリスマスの思い出話し >>
# 日々の風から 計画倒れ

日々の風から 計画倒れ

 

以前にこのブログで、「トルストイ日記抄」を紹介した時に、彼が自分自身に課したいくつかの項目を書き出したことがありました。その一つに、「必ず実行すると定めたことは、どんなことがあっても実行せよ」というのがありました。その時私は思うところがあったのでこれについては後日にしますと述べました。今さらの感がありますが思い出したので、年の瀬も迫っていますから、果たしたいと思います。

 

「必ず実行すると定めたことは、どんなことがあっても実行せよ」とは、自分が自分に誓ったことですから、実行してもしなくても他人にはあまり関係がありません。まして迷惑の掛かることではないでしょう。あくまでも自分の事です。自分の内面の問題です。私自身を振り返ってみても、実行しようと決めたことはいくらでもあります。大きなことから毎日の小さなことに至るまで、いつも決め事をして進んでいます。だれでもそうでしょうけれど。トルストイが自分に課した「実行すると決めたこと」が何であるか、具体的な内容は知る由もありませんが、たぶんかなり大きな難題なのかもしれません。

 

私がこの項目に出会ってふと思っことは、昨今の自分のことです。トルストイの思いからはだいぶかけ離れ、「実行すること」が「大きな目標」ではなくて、単に予定、計画、プランのたぐいで、「しようと思ったことは必ずし終えたい」程度のレベルのことです。実はそのことなのですが、往年の自分は、たぶん、しようと思ったことは必ず完了させていたと思うのです。ひと様に係りあることはもちろんですが、自分だけに課したことでもやり遂げねば自分で自分がゆるせない、そんな人間ではなかったかと思います。

 

ところが、最近気が付いたことがあります。今日中に、あるいは何日までに「しようと思ったこと」をしないのです。し残したことがあっても、「明日ね」で済ませることが多くなりました。いわゆる計画倒れというのでしょうか。無理なプランを立てているつもりはないのですが、「明日ね」が多いのです。そして、そんな自分をゆるせないって𠮟る自分がいないのです。これも老いの一現象でしょうか。老いのせいではなく、私自身の人間性が退化したのか崩れたのでしょうか。

 

若き日の、一途に人生をひた走る偉人トルストイに刺激されるのも、そもそも分に似合わないことですが、「必ず実行すると定めたことは、どんなことがあっても実行せよ」のトルストイを懐かしみながら、あれこれと頭の散歩をしたことでした。それにしてもこの12月は「明日ね」に延ばせない事柄がいくつかあります。「どんなことがあっても実行せよ」と言い聞かせねばなりません。

| comments(0) | - | 19:25 | category: 日々の風から |
# スポンサーサイト
| - | - | 19:25 | category: - |
コメント
コメントする









Selected Entry
Archives
Recommend
美しき姉妹たち
美しき姉妹たち (JUGEMレビュー »)
三浦 喜代子
最新本です。
ぜひお読みください。
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links