<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

日々の風から 師走の前の静けさ

日々の風から 師走の前の静けさ

 

 

 

一か月ほど前に、久しぶりに旧友と会う時が与えられた。T姉妹はちょうど一年前に最愛の家族を失い悲嘆のどん底をさ迷った。やたらに言葉を掛けられるような状況ではなかった。それを察して敢えてそっと見守った。最近、一年の記念会を直系家族だけで済ませたと聞いた。そのあとで会うことになった。お互いにひと昔ふた昔のまえの話をし続けた。長い時間が過ぎたので、そろそろお開きにしたほうがいいと思った。核心の話は一言も出ない。もちろんこちらからは言い出せない。第一、詳細なことを知っているわけではないから切っ掛けも作れない。しかしたわいない話ではあるがたくさんでき、笑い合うこともできた。それでいいと思った。

 

そろそろお終いのご挨拶をと思っていた時、彼女の口が自然に開いて、私の知らない渦中のことをすらすらと気負うこともなく話し出した。私がすべてを知っているかのように。私は静かに黙して心の奥深くに留め胸に収めた。その時私は、彼女は今、大きな山を一つ越えたのだと悟った。それを機に姉妹はますます軽やかに今日までのことを話し続けた。よかった、会ってよかった。彼女の心が一歩前に向かったことがわかって、感謝の祈りを捧げ合った。

 

それから一か月後の昨日、また会う機会があった。姉妹はお茶の来る前から例の話を話題にした。先の時にはまだ話し足りなかったのだろう、たくさんたくさん語った。心の隅の隅まで洗いざらいを、自分の言葉で表現しているようであった。半分は自分に語っているようであった。心の整理をしているようであった。私はその場に居合わせたことを主に感謝した。

 

メールがあった「お祈りに感謝しながらやっていこうと思います。私なりの進み方でゆっくり歩いていこうと思います」と。姉妹の中で一つの決意が生まれ、これからの生き方の方法が見えてきたのだと思った。11月末にしては暖かい静かな日であった。

 

『主は与え、主は与えられる。

     主の御名はほむべきかな』ヨブ1・21

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2019.01.16 Wednesday
  • -
  • 10:03
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
友でなければ話せないことがある。
良い交わりが続きますように!

ありがとうございました。
  • のんびりハンナ
  • 2018/11/28 9:41 PM
独り言の様な話でした。内容もぼかしぼかしていますから、かえってストレスになったのではないかと思いますが、書き留めておきたかったのです。辛抱して読んでくださり感謝です。
  • ハンナさんへ
  • 2018/11/29 8:55 AM
コメントする








   

search this site.

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

recommend

recommend

美しき姉妹たち
美しき姉妹たち (JUGEMレビュー »)
三浦 喜代子
最新本です。
ぜひお読みください。

links

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM