<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

日々の風から 高齢社会と高齢者

日々の風から 高齢社会と高齢者

 

 

敬老の日という祝日があり、その前後には高齢者の話題が市場に溢れる。長生きすることが珍しく大きな喜びであった時代ならいざ知らず、いまでは祝日という感は少ないのではないだろうか。反対に高齢者は社会のマイナス的な課題を多く抱える問題児になってしまったようだ。日本の総人口の4人に一人は65歳以上の高齢者だと大々的に報じられ、100歳以上が6万人以上もいる、今や「人生100年時代」だとかが、なにやら皮肉っぽく聞こえてくる。75歳以上を後期高齢者という通称もすっかりまかり通っている。その一人として、肩身が狭い思いがする。「後期高齢者ですみません」、「長生きしてすみません」とどこかに向かって謝罪したいような気になる。とはいえ断っておきますが、私は100歳にちかくはありません。

 

今ある命を投げやりにはしなくない。「もうじき死ぬんだから」と迫りくる壁を意識しながらも、それはそれ、どこか観念的で、他人事で、今すぐ死ぬとは思わないし、一日一日を大切にしたいと思うから不思議なものだ。

 

周囲を見廻しても、高齢者はせっせとジムに通い、運動に励み、水泳をし、ヨガをし、体力維持あるいは増強に命を懸けている。健康に良いと言われれば好き嫌いは別としてすぐに食べ、一日になんども医院を渡り歩く。そのエネルギーはすさまじい。特に女性たちに目を瞠る。その際、自分はその中に数えていないが、質において同じかもしれない。

 

開き直りの後期高齢者が吐き出している短文に出会ったので記します。

 

年を取れば、誰だって退化する。

鈍くなる。

緩くなる。

くどくなる。

愚痴になる。

淋しがる。

同情を引きたがる。

ケチになる。

どうせ「すぐ死ぬんだから」となる。

身なりにかまわなくなる。

なのに「若い」と言われたがる。

孫自慢に、病気自慢に、元気自慢。

これが世の爺サン、婆サンの現実だ。

六十代に入ったら、絶対に実年齢に見られてはならない。


スポンサーサイト

  • 2019.01.16 Wednesday
  • -
  • 11:09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

search this site.

profile

categories

selected entries

archives

recent comment

recommend

recommend

美しき姉妹たち
美しき姉妹たち (JUGEMレビュー »)
三浦 喜代子
最新本です。
ぜひお読みください。

links

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM