人生の逆風の中で見つけた希望の風を、小説、エッセイ、童話、詩などで表現していきます。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
天の星のように―母エバから母マリヤまで 美しき姉妹たち
Search
<< 日々の風から 涼風を求めて その4 : main : 日々の風から 45年前の事故 その2 >>
日々の風から 45年前のこの日 その1

 

あの日も朝から焼き尽くすような陽が燃えていて暑い日だった。夏休みもあと二日だけになり、月末が迫っていた。私はなんとなくせわしい思いに駆られ気が散っていたのだろう。家の近くを自転車に乗ってお使いをしていた。広い都道と狭い区道の交差点で信号が変わるのを待っていた。

 

私はまっすぐに都道を走って家に向かうつもりであった。信号ばかり見ていた。すぐ右側にいる巨大なトラックは気にしていなかった。青信号になって、走り出した。

 

右側のトラックが左折して区道に入ってくるのがわからなかった。あっと思った時、私の頭を超えるほどの大きなタイヤが私をめがけて突進してきた。もう一度気が付いた時、私は路上に投げ飛ばされていた。左折する車の後輪に引っかかったのだそうだ。よく下敷きにならなかったと後で言われたが、どうにもなるものではなかった。

 

けたたましい救急車の音も聞いた。大きな病院に運ばれるのも知っていた。真夜中まで手術を受けたことも、あとで知った。二人の娘が5歳と4歳だったこともよく覚えている。

 

今ここにすべてを書きつくすことはできないが、とにかくも、私は願ったとおり祈ったとおり、12月のクリスマスには家に戻って、娘たちとクリスマス礼拝に行くことが出来た。

 

あれから45年が経つ。足一本失うほどの大怪我であったが、今はどうにか自力で歩行ができている。『主の恵みによって今日のわたしがあるのです』!!

 

 

日々の風から : comments(2) : - : kibounokaze :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
神さまありがとう。私も、子供が事故で助かったことは忘れません。今のこの幸せを思ったら、涙が出ました。
| 美雨 | 2018/08/30 3:24 PM |
主の恵みはこの身に足れり、ですね。
いままでもあちらこちらで何度も書いてきていますが、書くたびに新発見があり、自分自身の受け止め方も変わってきていて、またまた感謝です。
| 美雨さま | 2018/08/31 8:23 AM |
コメントする