人生の逆風の中で見つけた希望の風を、小説、エッセイ、童話、詩などで表現していきます。

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
天の星のように―母エバから母マリヤまで 美しき姉妹たち
Search
<< 日々の風から 「大暑」、東京でついに40度 : main : 日々の風から 涼風を求めて その1 >>
日々の風から かくて7月は往く 

 

 

 

 

 

 

写真は、孫たちが5分程先の横十間川の川沿いから写したものです。

 

先週の月曜日、大暑の日は東京でも40度を越える高温になった。そしてすぐに台風12号が動き出し太平洋上を北上し始めたが、なんと急に向きを変えて中部地方辺りで西へ逆走するという例のない進路を取り、ついに九州に逆戻り、未だ屋久島付近に停滞しているという。消滅してはいない。なんということだろう。この先どこへ行くのだろう。

 

この台風のため恒例の隅田川花火大会が日曜夜に順延になった。かつては一度きりでその日がダメなら中止だったはずだ。今回は翌日に延ばされた。私には夏一番の楽しみなのだ。本物が、我が家の通りから見物できるのだ。もちろんそば近くではないから笑われるかもしれないが、臨場感がたっぷり味わえる。「ドンと鳴った花火だ〜〜〜」の歌のように、音も聞こえてくる。煙のたなびくのも見える。小一時間、夜空にダイナミックに描かれる花火絵に釘付けになった。道路に立ちっぱなしの、まことに貧しき花火見物であるが、これで充分である。さすがにふくらはぎが痛くなった。夜風が思いのほか涼しかった。

  

西日本の豪雨、記録的高温、台風12号など大きな災害の爪痕を残したまま、7月は明日で幕を閉じる。しかしまだ夏は依然として続く。8月も暑いのだろうか。台風もくるのだろうか。すでに夏はうんざり、心身ともに疲弊気味である。神さまに支えられて何とか乗り越えて行きたい。高齢の多くの友垣のためにも祈ります。

 

日々の風から : comments(0) : - : kibounokaze :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
コメントする