人生の逆風の中で見つけた希望の風を、小説、エッセイ、童話、詩などで表現していきます。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
天の星のように―母エバから母マリヤまで 美しき姉妹たち
Search
<< 日々の風から もう梅雨明けとは!! : main : 世相の風から 梅雨前線による大雨被害 >>
風の仲間たち 幼なじみを天に送って

 

先月29日に、突然梅雨上げ宣言があって以来、まるで息もつけないような暑さの日々を過ごしてきました。もっとも、小さな生活の中にも、さらに何やらサッカーの大会などもあって、日ごろの静けさが破られ、あわただしく賑やかにまた騒々しくもありました。今朝は、オヤッとあたりを見廻すほどの涼しい気配、大いにホッとしています。神さまのご配慮に感謝します。

 

先頃、幼なじみの友人が召されました。友人とは召される近くまで交流がありましたので喪失感と感慨は思った以上に大きく、今も心の底に哀惜の情が留まっています。友人は病んでからしばらくして我が教会で救われ、以来、細々とではありますが教会生活を唯一のよりどころとしてきました。残念ながら事情によって教会でお葬儀をすることができませんでした。召されてふた月ほど過ぎてから、親族から教会へ短い一報があったきりでした。教会は礼拝の中で姉妹を偲ぶ時を設け、いちばんかかわりの深かった私が思い出を語りました。その時のメモをここに記して私自身の記念にもしたいと思います。

 

おはようございます。

×月×日に召されたM・T姉とは、まもなく70年の長きにわたる友達ですがエッセンスだけを短くお話しします。姉妹はこの町で生まれ育った方です。H橋の土手の近くに住んでいました。私は小学五年生の時同じクラスになりました。中学もいっしょでした。その後は他の区に移転され、私たちは別々の道を歩みましたが、ちょくちょく会っていました。いっしょに旅行もしました。姉妹がお元気だった青春時代の楽しい思い出は尽きません。

 

ある時、三十代か四十代かに病気になり、それ以後はお仕事も出来ずずっと病院通いが続きました。そんな中で私は「教会に来てみない?」と誘いました。姉妹はこの地域をよく知っていましたし、移転前の最初の教会も知っていましたので、わりあい素直に来るようになり、やがて、受洗し、礼拝の交わりに加えられていきました。いつしか姉妹にとっては教会生活が大きなウエイトを占めるようになり、とても楽しんでいたと思います。教会の皆さんも、弱い姉妹をいたわり気遣って温かくしてくださいました。二人暮らしのお母さんが施設に入られた時期、みんなでよくお見舞にも行き、お母さんも病床洗礼を受けられました。

 

お母さんが亡くなった後は一人暮らしになりました。身よりは妹さんだけです。妹さんがすべてのお世話をされていたようですが、詳しいことは分かりませんでした。ある時、骨折して歩行が無理になった時、3年ほど前でしょうか、終の棲家になった隣の県の施設に入居しました。そこへも教会から折に触れて何人かの女性たちと訪問してきました。

 

最後にエピソードをご紹介します。

今年の3月初めの事です。姉妹が召される20日ほど前になりますが、はがきが来て、ドーナツが食べたいから送ってほしいと言ってきました。驚いて施設に電話をかけ、話を聞きますと、毎週教会に通っていたころ、JRの駅のそばのミスタードーナツに寄ってよくひと休みしたそうです。あのころがとても懐かしく、いつも決まって食べていたドーナツがどうしても食べたいというのです。2個でいいから送ってと。施設ですから通常、食べ物を送ることは禁止されているのですが、その時私はこの願いはかなえてあげたいと思いました。

 

姉妹のリクエストするドーナツを2つだけ、朝一番で買いに行ってすぐに送りました。3月初めなので傷むこともないと思いまして。まもなく電話があり、おいしかったわと満足そうな笑い声が聞こえました。そしてしばらく昔の思い出話をしました。私は毎月カードか電話でコンタクトを取ってきましたので、その後、4月半ばにもカードを送りました。今から考えると、その時、姉妹はすでに御国へ旅立った後だったのです。

 

姉妹は病弱だったこともあって、70歳過ぎまで生きていられるのは神様のおかげだと、とても喜んで、お互いに健康に気を付けてがんばりましょうねと明るく言っていました。ですからこんなに早く召されるとは、私も、そしてご自分でも思ってもいなかったと思います。詳しい事情は分かりませんが、つい20日前に姉妹と話したことを思うと、突然に召されたのかなと、そして、それが神様の最善の時だったと信じます。姉妹はよく『神のなさることは時に適ってうるわしい』とのみことばを愛唱されていました。姉妹を天に送って、寂しさはひとしおですが、主のみわざのゆえに、心から主の御名を崇めます。以上。

 

 

 

風の仲間たち : comments(2) : - : kibounokaze :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
平安ととりなしをお祈り申し上げます。
| のんびりハンナ | 2018/07/05 12:55 PM |
心に沁みるコメントをありがとうございます。再会の希望は大きいものだと主に感謝しています。
| ハンナさん | 2018/07/06 7:50 AM |
コメントする