人生の逆風の中で見つけた希望の風を、小説、エッセイ、童話、詩などで表現していきます。

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
天の星のように―母エバから母マリヤまで 美しき姉妹たち
Search
<< 書林の風から 堀田善衛著『スペイン断章』からドナルト・キーン著『百代の過客・続』まで。 : main : 世相の風から 北朝鮮と韓国、南北両首脳会談 >>
日々の風から 招かざる客長逗留・春の長患い

 

かれこれ1か月も前だが、昼夜を問わす胃とお腹がキリキリと痛み出した。近所のかかりつけ医のていねいな診察によれば「胃腸炎」とのこと。確かに胃と腸に異常があるのだと納得した。何種類かの薬が出された。そのうちに首から喉が痛み出し咳もひどい。また医院に飛び込んだ。普通の風邪でしょうと、またまた薬が出た。

 

食べ物の制限もあり、それ以前に食欲がない。薬が三度の食事のような時もあり、口が苦くてますます食欲が出ない。大した熱も出ず、寝込むようなことはなかったが、不要不急の外出は控えて、ひたすら蟄居の日々が続いた。家に居るのだから思う存分書き物や読書に集中できていいはずなのに、なんと、その元気ない。PCの前でぼーっとし、時にサーフィンして無為な時が過ぎて行った。

 

出された漢方薬が合わない。いままで漢方には漠然と安心感を持っていたのでびっくりし、また来ましたと恐る恐る医者の前に座った。医師は別の漢方を処方された。こんどこそと、意気込んで服用した。前回と似た症状が出たが、慣れるだろうと数回我慢して使った。しかしついに放り投げた。ついでに数日間、一切の薬断ちをした。

 

回復期にも入っていたのだと思うが、口の苦さが消え、食べ物がおいしくなった。この1か月、ろくなものを食べないできた。好きなコーヒーもチョコレートも和菓子も見向きも出来なかった。前代未聞の体重にショックを受けたが、今はガツガツと食べ始めていて、我ながらおかしい。

 

神さまが私に託されている命はいつまでなのか、知るよすがもないし、知る必要もない。しかし、元気になると、いただいた命をいかに使うか、つまり「使命」への熱い思いが戻ってくる。いのちの主のお導きに従って、今日一日を精一杯生きたい。

 

 

 

 

 

 

日々の風から : comments(0) : - : kibounokaze :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
コメントする