人生の逆風の中で見つけた希望の風を、小説、エッセイ、童話、詩などで表現していきます。

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
天の星のように―母エバから母マリヤまで 美しき姉妹たち
Search
<< 日々の風から 年賀状雑感 その2 : main : 日々の風から 室温談義から >>
日々の風から 東京4年ぶりの大雪

 

日々の風から 東京4年ぶりの大雪

 

 

天気予報が的中して、東京は4年ぶりの大雪になりました。いつもは夕方、散歩がてらに出かける日常の買い物を午前中に済ませました。ちらちらと雪の舞う中を歩くのは雨より心が浮きっとします。吹雪いたら出かけませんが。

 

かかりつけ医にも行きましたし、もう一軒スーパーに行ってみました。ここは千葉県の農場と直接取引しているようで、よそよりずっと野菜が安いのです。はたして小松菜もほうれん草も他のところの半値ほどでした。

 

お昼を過ぎると雪は本格的に降り出しました。孫の高校生も娘も早めに帰宅できました。私は窓を開けたり閉めたり、玄関を出たり入ったりして吹雪いている様子を眺め続けました。ついでながら、独り暮らしの友人たちとメールおしゃべりを楽しみました。

 

夜になって娘と孫のMちゃんが完全防寒して外へ出て、表通りまで雪をかいて一本道を作りました。まもなくその道を使って婿さんが早めに帰宅しました。予報によれば雪は夜半にはやむようですが、さて、明朝はどうなるのでしょう。雪は降った後が大問題。電車は通るでしょう、大通りに、車は走れるでしょう。しかし、果たして人の歩く道はどうなっているでしょうか。心配です。凍ってしまったら一大事です。それを恐れます。

 

 

今日の聖書通読から

 

申命記30章14

『まことに、みことばは、あなたのごく身近にあり、

あなたの口にあり、あなたの心にあって、

あなたはこれを行うことができる』

 

ローズンゲン1/22より

『心に隠していることを神は必ず知られます』、

詩篇44章22節

 

『最初の者にして、最後の者である方、

一度死んだがまた生きた方が、次にように言われる。

「わたしは、あなたのお苦難や貧しさを知っている」

黙示録2章8−9節

 

 

 

 

日々の風から : comments(0) : - : kibounokaze :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
コメントする