人生の逆風の中で見つけた希望の風を、小説、エッセイ、童話、詩などで表現していきます。

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
天の星のように―母エバから母マリヤまで 美しき姉妹たち
Search
<< 風の仲間たち ステーキが食べたい! : main : 日々の風から この年のうちに >>
日々の風から メリー クリスマス! 教会のクリスマス

日々の風から メリー クリスマス! 教会のクリスマス

 

 

年々諸団体、諸教会の催すクリスマス行事から退いてきているが、最後の残るのは自分の所属教会のクリスマス行事である。第四日曜日のクリスマス礼拝、これがメインであるが、やがて礼拝参加が最後の砦になる日が来るだろうが、動ける間は何がしかの奉仕があるし、係っていきたいと願う。聖歌隊の一員として賛美するのも大切な一役である。

 

ここ数年、我が教会は地域の老人施設からの依頼で賛美を届けに行っている。今年もまた出かけることになった。秋以降、礼拝のあとに練習を重ねた。有名なクリスマスの讃美歌を歌う。その施設は4階まであり、各階の入居者の集まるフロアーが舞台となる。私たちは今年も4回公演よと冗談を言いながら各階で賛美歌を歌った。歌の合間に牧師が短くクリスマスのお話をする。皆さん熱心に聞いてくださり、途中で歌い出す方、手を振って拍子をとる方、中には涙を流す方もおられ、毎年の事ながらこちらも次第にうれしくなり、感動の渦に巻き込まれていく。その施設に入居されている姉妹は、飛び入りで私たちの輪に加わってともに賛美歌を歌った。昔取った何とかで、楽譜を見たくても朗々と歌った。そこでまた新たな涙にくれた。

 

夜は教会で燭火礼拝である。たいていの教会で行われている。いつもの照明を消したキャンドルだけの灯の下で、賛美歌を歌い、聖書を朗読するひと時である。ひごろ教会とは無縁の方々が来られる。クリスマスだけでも教会へ行って雰囲気を味わいたいという方々が来られる。友人知人、家族が来てくださる。ここでもまた聖歌隊は特別に賛美をした。クリスマスは音楽が豊かに用いられるときである。

 

今日の礼拝は今年のメインであるクリスマス礼拝である。講壇脇のクランツに立つキャンドル4本全部が点火されて、クリスマスメッセージが語られた。その前に聖歌隊の特別賛美があり、そこでもまた皆さんの前に出て賛美した。役があるのは感謝である。

 

礼拝後は恒例の祝会になる。お祝いの食卓を囲むということである。これもまた大きな喜び、楽しみの時である。婦人会が総出で、あらかじめ割り当てられた料理を持参して、いっせいにお弁当箱に詰める。持ち寄りパーティーをする教会もあるが、我が教会は近年、高齢者や独身男性が増えてできなくなった。そこで手作りのお弁当スタイルにした。大変好評である。日ごろご無沙汰している方々もこの日は頑張って参加する。そうした方々と安否を問い合って食事の席はにぎやかである。時の経つのも忘れて話し続けている。これもまたイエス様の喜ばれるクリスマスの一場面かなあとそんな思いになりながらひと時を楽しんだ。

 

イエス様の遺産である教会、主の弟子たちから始まった初代教会の活動を想像しながら、教会が主の御心の通りに、キリスト者の共同体、慰めの共同体、宣教の共同体として生き生きと機能していくことを切に願う。そして、物理的に教会へ来られない方々、最近は増えているが、そうした方々へも愛のメッセージを運ばねばならない。訪問し、あるいは便りをして、寂しい思いから解き放たれるひと時を作りたい。今できるうちに出来るだけの事をして、ともに主の恵み深いことを味わい合いたい。

 

クリスマスを最後に今年も年末へ向かう。一年の感謝を充分にささげたい。

『主の良くしてくださったことを、何一つ忘れるな』

 

 

日々の風から : comments(3) : - : kibounokaze :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
老人施設に讃美歌を届けた時の様子、楽しく拝読させていただきました。素晴らしいすね。以前、私たちの教会も、近くの産院に讃美歌を届けていましたが、あまり関心がもたれず数年前に止めてしまいました。殆ど練習もせず、ブッツケ本番的だったのと、お届け先の選択も間違っていたのかもしれないですね。
| サムサム | 2017/12/24 8:40 PM |
この施設はもともとキリスト教の信仰によって建てられた歴史があります。またここに教会の独身老女が2名入居しています。一人はグループホーム、もう一人は特養です。日ごろから礼拝の送迎など教会員が出入りして職員の方々とも顔見知りです。職員さんから讃美歌のリクエストがあったりして、よい関係が築かれています。

以前は駅前でキャロリングをしていましたが、規制があったりして今はできません。もっと昔は通りを歌いながら歩いたりもしました。
| サムサムさん | 2017/12/25 7:38 AM |
キリスト教の信仰によって建てられた老人施設だったのですか。そういう施設がたくさんあればありがたいですのにね。見学はできるのでしょうか?
| サムサム | 2017/12/25 3:25 PM |
コメントする