人生の逆風の中で見つけた希望の風を、小説、エッセイ、童話、詩などで表現していきます。

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
天の星のように―母エバから母マリヤまで 美しき姉妹たち
Search
<< 日々の風から 若者の夏、高齢者の夏 : main : 日々の風から 72回目の敗戦記念日  >>
日々の風から 夏の牙

日々の風から 夏の牙

 

春夏秋冬と聞けば、豊かで穏やかで美しい日本国の諸情景が次々と浮かんで顔がほころんでくるものだ。DNAのなせるわざだろうか。それともかつての日本の四季はそうだったのだろうか。しかし春夏秋冬のそれぞれに厳しい一面があることは昨今の事ではない。特に夏と冬には生活そのもが脅かされたことだろう。豪雪はその大きな難事、夏の干ばつや長雨には飢饉をももたらした。

 

かつて、日射病と言って、夏のカンカン照りの下で長くいると倒れるとよく聞いた。帽子をかぶりなさと注意されたものだ。しかし、熱中症とは言わなかった。日射病の別名かと思っていたが、熱中症日差しの中にいなくても罹る。家の中でも夜中でも発生するそうだ。

 

どこへ行っても「こまめに水分補給を」と言われる。あまり聞くので最近は「こまめに」という言葉が鼻についてうんざりするようになった。「お年寄りは喉が渇いたのも気がつかない、暑さも感じないから」と追い打ちをかけられるとむっとしてくる。思えばこのかたくなさも老いの特徴かもしれないが。

 

夏には牙がある。今朝は一度に数名の友人たちから連絡があった。「このところ真夜中に鼻血がでます。今日こそ医院に行ってきます」、「腹痛が治りません。たぶん冷たいものを摂り過ぎたのかもしれませんが、苦痛です」、「喉の痛みが取れません。ずっとエアコンにあたっているからかも」、「腸の痛みに七転八倒しました。タクシーで病院に行きます」。皆さん独り暮らしなのだ。マンションや一軒家に一人で暮らしておられる。聞いても地方の方もおられるし、近くたって飛んではいけない。一人暮らしは大変だとつくづく思う。夏の牙から守られますようにと、ひたすらに祈る。

 

 

 

日々の風から : comments(0) : - : kibounokaze :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
コメントする