人生の逆風の中で見つけた希望の風を、小説、エッセイ、童話、詩などで表現していきます。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
天の星のように―母エバから母マリヤまで 美しき姉妹たち
Search
<< 日々の風から 一気に梅雨明け これからが夏本番とは〜〜 : main : 日々の風から 若者の夏、高齢者の夏 >>
日々の風から 友が言うには

日々の風から 友が言うには

 

今日は驚くほどの激しい雨が降って、排水処理能力を超えるのではないかと恐ろしくなった。いつだったか、またたく間に道路が一面冠水したことがあった。なにしろこちらは海抜ゼロメートル以下の地域なので。午後になって上がったので一安心した。30度を切って、北風なのだから、昨日とは天地の差があるように感ずる。

 

体調を崩していた友から久しぶりにメールが入った。私よりもいくつか年上だが日ごろ頭の回転がよく舌鋒も鋭くシャキシャキした老女性である。その彼女が「脳が溶けようで思考停止、考えがちっともまとまらない」とおっしゃる。才女も暑さには勝てないというところか。

 

まして、愚鈍女には炎暑はきつい。画面に向かっていても、ただそうしているだけでキーが叩けない。言葉は指先からは生まれてこない。脳の指令によって動くのだ。ところが脳が指令を出さないのだ。停止しているのがわかる。暑さとは恐ろしいものだ。

 

 

日々の風から : comments(4) : - : kibounokaze :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
「暑さで脳が思考停止」ですか。

ほんとうに猛暑は怖いですね。一昨日までは、日中10分も歩きますと気分が悪くなり、とても外出はできませんでした。
ところが、昨日今日と2日連続の涼しさで体力がもどったらしく、昼過ぎに散歩を兼ねてスーパーまで行き、2リットルの水を2本買ってスタスタと歩いて帰ってきました。、
買い物時間を入れて、50分の歩きでしたが、疲れは全く感じられず、こうしてパソコンに向かうこともできています。
  
 高齢者にとって、猛暑はほんまに怖いですなあ
| サムサム | 2017/07/27 2:30 PM |
この涼しさで生き返る思いです。全く違いますね。寒さより暑さの方が厳しいとつくづく思います。

たくさん歩けて、お水も買えて、よかったですね。まだ夏が終わったわけではないので、今のうちに歩いたりお買い物をするのがいいでしょう。
| サムサムさん | 2017/07/28 7:20 AM |
動けないときには無理をしないで、寝るほど楽はなかりけりを決め込むほかありません。と、才女さんには言ってあげてください。
| 美雨 | 2017/07/28 11:17 AM |
「寝るほど楽は無かりけり」とは、母の口癖でした。子育て真っ最中のころですが、よくそういいました。いまごろ実感しているところです。
| 美雨さまへ | 2017/07/31 8:37 AM |
コメントする