人生の逆風の中で見つけた希望の風を、小説、エッセイ、童話、詩などで表現していきます。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
天の星のように―母エバから母マリヤまで 美しき姉妹たち
Search
<< 日々の風から 試みの逆風  : main : 日々の風から 断捨離完了宣言 >>
日々の風から  今年半年を生かされて

日々の風から  今年半年を生かされて

 

6月30日は半年後の12月31日と対になる大きな節目の日である。若い時は今のように大きな感慨は持たなかったように思うが、この年になると、過ぎた半年がとても貴重でしかもいとおしい。そして、ともかく半年を何とかクリヤーできたことは、神によって生かされたこそであると、本心からしみじみと思い、頭を深く垂れて感謝せずにはいられない。

 

生きるも死ぬるも、いのちは創造主である神様の御手の内にあり御心によるのだからと、理屈と信仰では理解しているが、いざ、今日一日、明日一日と、目の前の現実に直面すれば、正直なところ大過なく過ごせることが願いであり祈りである。そしてこれこそが最大の恵みでありあわれみである。もちろん、無理に求めはしないが思わぬ嵐に遭うことは無きにしも非ず、その時はまた助けぬしなる神様に解決を祈り求めるだろうが、その時はその時のこと、今、2017年6月30日を閉じるにあたって、ここまでのあわれみと恵みを心から感謝せずにはいられない。

 

この半年、あるいは昨今、大過なく過ごすことができなかった愛する友人たちの苦悩へと思いを馳せる。加齢によるのだろうか、脊椎損傷や圧迫骨折で激しい痛みと体の不自由を強いられている友には限りなく同情する。膝の痛みが続いてついに手術した友が早く以前のように自転車に乗りたいともがいている。突然膠原病と診断され、ステロイド投与のためにお月さまのように真ん丸の赤い顔をしてベッドから離れられない友がいる。幼なじみであるが持病があってずっと独身を通してこられたが、ついに一人暮らしが困難になり、ホームに移った友がいる。かなり遠方なのでめったに訪ねられない。ようやく先日会いに行った。元気にしていたのでほっとしたが、帰り際の玄関先で、抱きついてきた。頬に大粒の涙が流れたのを、まさかここで泣くとはと、言葉もなかった。道々も、帰宅してから、就寝してからも、大粒の涙が忘れられず、切ない思いは今も消えない。

 

明日から今年の後半が始まる。あと半年、何があるかわからないが、神の御手の中にいることを日々実感しながら、神の御前で、平安に、思い煩うことなく、生まれたばかりの赤子のように神を信頼し、慕い、喜び、楽しみ、賛美して、一日一日を精一杯、神のくださるいのちを巧みに用いて生かされていきたい。

日々の風から : comments(4) : - : kibounokaze :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
帰り際の玄関先で、泣いて別れを惜しんでくれたお友達。羨ましいです。認知症の私の友は、何もかも忘れて、私のことはどこかのお姉さんと言っています。二度行ってから足は遠のきました。遠方とはいえ冷たい私です。
| 美雨 | 2017/07/01 3:43 PM |
「ともかく半年を何とかクリヤーできたことは、神によって生かされたこそである」そうです。そのとおりです。
この半年、辛いことが多くて、最も大切なことを忘れかけていました。
                          感謝!
| サムサム | 2017/07/01 7:45 PM |
私も冷たいのです、もっと行くべきなのです〜〜〜。

昨年『足』のテーマで創作したとき登場したホームの女性はこの友人がかすかにモデルになっています。
| 美雨さまへ | 2017/07/01 9:12 PM |
サムサムさんもつらかったですね。でも、よく踏ん張ってます。励ます主、支える主、力を下さり癒す主がおられますから、大丈夫です。
| サムサムさんへ | 2017/07/01 9:19 PM |
コメントする