人生の逆風の中で見つけた希望の風を、小説、エッセイ、童話、詩などで表現していきます。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
天の星のように―母エバから母マリヤまで 美しき姉妹たち
Search
<< 日々の風から イエス・キリストはよみがえられた! : main : 日々の風から ただいま断捨離実践中!   >>
風の仲間たち 復活の力によって

風の仲間たち 復活の力によって

 

 

我が愛する友が、晩秋のころから持病が悪化してお気の毒な状態が続いていた。緊急を要する状態ではないのですぐ命に危険が及ぶことはないのだが、そのかわり即効薬も治療もない。じっと家に閉じこもっているだけである。体が弱くなれば心も弱くなる。消極的になる。友はクリスマスも新年もひたすら在宅であった。時々お訪ねしても以前のように話に花が咲くこともなく、いたたまれずに早々に引き上げるしかないのだった。そのうちにメールも電話も途絶えてしまった。独居ではあるがご親族がおられるのでその点では安心であったが、ご親族も首をかしげる状態が続いた。

 

昨日、突然携帯が鳴った。友からではないか。まるでたった今目を覚ましたような、晴れやかな声が響いてきた。すぐ伺いたい旨を伝えた。飛んで行った。マンションのチャイムをドキドキしながら押した。ドア越しに明るい声が漏れて、すぐに戸が開いた。笑顔いっぱいの友の顔があった。なんということだろう。理解に苦しんだが、良くなったみたいと、友は案外平然としている。人間も冬眠するんだと思ったり、春のエネルギー、その元である復活のイエス様のいのちによって強められたのだと悟った。友は「イースターおめでとう!」いった。私も「イースターおめでとう。主よ、感謝します」と祈って手を取り合った。

 

まだ背中や腰が痛くて長く座っていられないけどと、ベッドに就いたので失礼してきたが、途絶えていたメールも復活して以前の交流が始まった。どうかこのままさらに快方に向かいますようにと祈るばかりだが、数か月の暗闇から抜け出せ、私の心にも春の陽が差し込んだ。

 

 

 

 

 

風の仲間たち : comments(0) : - : kibounokaze :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
コメントする