人生の逆風の中で見つけた希望の風を、小説、エッセイ、童話、詩などで表現していきます。

日々の風から 花散らしの雨

日々の風から 花散らしの雨

 

 

桜とは不思議な花である。

前評判も高く、これほど開花の待たれる花はないと思う。

開花宣言まで出され、満開を待って押すな押すなとばかり人々を呼び寄せ、絶賛を浴びる。

幸いな花である。

しかしその命はあまりにも短い。

せいぜい10日か2週間のいのちであろう。

 

 

人は桜の何を愛するのだろう。

その美しさか、その短命を愛おしむからか。

あるいは桜とともにやってくる春がうれしいからか。

わたしはどうだろうか。

春が来ても桜が見られなかったらそれはもう春じゃない。

たとえ短かろうが、満開の桜の下に立てれば大満足である。

その下で宴会をしなくてもいい。

桜吹雪に出あえれば最高である。

今年はあまりにも有名な上野公園の桜を垣間見た。ほぼ満開の時に。さすがに見とれた。

 

日々の風から comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
comment









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
RECOMMEND
美しき姉妹たち
美しき姉妹たち (JUGEMレビュー »)
三浦 喜代子
最新本です。
ぜひお読みください。
SPONSORED LINK