人生の逆風の中で見つけた希望の風を、小説、エッセイ、童話、詩などで表現していきます。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
天の星のように―母エバから母マリヤまで 美しき姉妹たち
Search
<< 日々の風から 弥生ついたちの風に乗って  : main : 世相の風から 3・11から6年・原発いじめ >>
日々の風から  三歩前進二歩後退、春と冬のせめぎ合い

日々の風から  三歩前進二歩後退、春と冬のせめぎ合い

 

 

有名な「早春賦」を引用させていただきます。

 

春は名のみの 風の寒さや
谷の鶯 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず
時にあらずと 声も立てず

氷解け去り 葦は角ぐむ
さては時ぞと 思うあやにく
今日も昨日も 雪の空
今日も昨日も 雪の空

春と聞かねば 知らでありしを
聞けば急かるる 胸の思いを

いかにせよとのこの頃か

いかにせよとのこの頃か
 

立春のころからときどき口ずさんでいるが、歌詞に感嘆する。心憎いほど実相を表していると思う。地域によるが、梅が匂い、桃が開き、早咲きの桜が咲き誇っているけれど『今日も昨日も 雪の空  今日も昨日も 雪の空』に困惑することもある。

 

今週は東京も寒い。衣服の調節に忙しい。寒い思いはしたくないが、といって暑いとはまだ感じたくない。そこで工夫が要るが、自然の力との戦いにさえ思えてきて、我ながら吹きだしたくなる。見えないところで、春と冬がせめぎ合い、格闘しているのだろう。歌の三番の『いかにせよとの この頃か いかにせよとの この頃か』にも笑い出したくなる。確かにそのとおりである。

 

しかし、である。春は必ずやってくる。いや、もう春なのだ。こどもさんびかが口をつく。

『春をつくられた かみさまをうたおう』ハレルヤ!
 

日々の風から : comments(0) : - : kibounokaze :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
コメントする