人生の逆風の中で見つけた希望の風を、小説、エッセイ、童話、詩などで表現していきます。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
天の星のように―母エバから母マリヤまで 美しき姉妹たち
Search
<< 日々の風から 夏風は熱く速く吹く : main : 世相の風から 真夏の饗宴その2 大雨のオリンピック閉会式 >>
世相の風から 戦後71年 争いのない世界を

世相の風から 戦後71年 争いのない世界を

 

 

世界中を巻き込み、日本の国が大敗した先の戦争から71年。

その歳月とともに生きてきて、当時とその後の10年、20年、30年を振り返ると、

現実のこととは思えないほど遠い日の気がする。

記憶もおぼろの幼い時だったせいもあるかもしれない。

 

この71年、世界はさておき、日本の中では戦争と呼ぶ出来事はなかった。

平和の定義は多様だが、戦争のないことをその一つにすれば、日本は平和であった。

いまも平和である。

そしてかろうじて安全でもある。

 

世界からは「水と安全はただ」の国としてうらやましがられてきた。

平和のありがたさ、戦争のないことの幸せを噛みしめた人たちが亡くなっていく。

戦争を知らない人たちが政治を司るようになっている。

世界の情勢もそうである。

あちらこちらで、当時以上の惨劇が繰り返されている。

だから、だから、いざというときのために戦える備えをしていいのだろうか。

法律を変えてまでそうするべきなのだろうか。

 

真の平和が末永く保持されるように、日本のため、世界のため、祈り続けます。

世相の風から : comments(0) : - : kibounokaze :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
コメントする