人生の逆風の中で見つけた希望の風を、小説、エッセイ、童話、詩などで表現していきます。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
天の星のように―母エバから母マリヤまで 美しき姉妹たち
Search
<< 日々の風から 多忙なのか行動力の減退なのか : main : 日々の風から 真夏の洗濯 >>
世相の風から 真夏の饗宴 都知事選終わる

世相の風から 真夏の饗宴 都知事選終わる

 

 

今回の都知事選ほどまじまじとその経緯と付き合ったことはなかった。なぜだろう。もともと政治には音痴のひとことで平然と片づけてきた。ところが昨今、特に今回は自分としては深入りしている。大きな原因はネットでニュースを見ていることだと思う。いつのまにかネット―サーファーになっていた。これはよくない。大波に飲み込まれない前に引き上げようと思うけれど。

 

劇場型選挙はどうのこうのとその賛否は両論あり、良し悪しもあるだろうけど、候補者の政策などを熱心に読んだり、演説会に行ったりはとてもできないので、映像で手軽に見聞きできるのは大変ありがたい。またリアルタイムでハプニングも飛び込んできて、下手なドラマを見るよりずっとスリリングだし迫力もある。

 

候補者たちの活動を目の前に見ていると、おのずと伝わってくるものがある。その人の中身まで見えるものだ。怖いほどよくわかる。また応援?する人たちからもドラマが起こる。品位なきパワハラ、セクハラめいた毒舌合戦には嫌気がさしたが、無責任かもしれないが面白かった。近県の友人たちが、私も一票を投じたいと叫んでいたがさもあらん。私は痩せても枯れても、いや、老いても一票があるのよと、胸を張って朝早く投票所に行った。

 

かくして東京中を、いやおそらく日本中を巻き込んだ都知事選は終わった。300万票に近い票を獲得して新知事になった百合子さん、頑張って、大いに頑張って、みなと協力して、一身賭けて、投げ捨てて、都政に励んでいただきたい。

 

 

 

 

世相の風から : comments(0) : - : kibounokaze :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
コメントする