希望の風

人生の逆風の中で見つけた希望の風を、小説、エッセイ、童話、詩などで表現していきます。

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 光(キッズ)の風から  流感による学級閉鎖 | main | 世相の風から 携帯電話の普及台数 >>
# 銀(シルバーエイジ)の風から 90歳の誕生日

 

我が教会の姉妹が卒寿を迎えられた。いまや教会一の長寿者である。都営住宅に独居住まいをしておられる。天涯孤独である。一人娘だったそうだ。20年ほど前に召されたご主人も係累がおられなかった。

 

姉妹は体調を崩すことはあっても大きな病に苦しめられることなく今日の日を迎えた。彼女の日常は、週に4回はデイサービスに行く。木曜と日曜は教会である。毎日宅配の給食サービスを受けている。週一回は家事のヘルパーさんのお世話になる。教会への送迎は教会員がしている。こうしたルーティンでなんとかひとり暮らしを続けている。聴力はないに等しいが、さっさと歩くし、いわゆるボケはない。したがって介護度は1しか認定されない。食欲は至って旺盛。時にハラハラするほど早食いをする。


何にもまして驚くのは、
88歳までは年一回、聖書を完読していたことだ。習慣になっているのだろう、毎日旧約4章、新約1章のペースを続けてこられた。このところ、乱調気味だが、テキストを用いてのデボーションは欠かさないようだ。

 

もう一つ驚くことは、私が担当する成人科クラスを欠かしたことはない。補聴器を耳に、一番前に座るのだ。聖書輪読の時は裸眼で読まれる。分かち合いも要領よくまとめて語る。

成人科の学びは何人もの兄姉が80台までは続けられなかった。ところが姉妹は90歳でなお、学ぼうとしておられる。

 

姉妹の誕生祝は、教会でも婦人会でも行った。今朝は礼拝前の成人科でもお祝いしようと、私は昨日からデコレーション・ケーキに取り組んだ。先週は教会には来たけれど、元気がなくずっとソファに横たわっておられた。今朝はどうかなと案じたが、はやり欠席するとのこと、お迎え当番から連絡があった。しかし、皆で姉妹の健康を祈りつつ、ぬしのいない誕生祝をした。

 

礼拝後、数名の姉妹たちとケーキを持って訪問した。教会から車で10分足らずである。ドアのチャイムを鳴らしても聞こえないのはわかっているので、送迎の姉妹は合鍵を持っている。それを使って我が家のようにドアを開ける。それでも90歳の老姉妹は気が付かない。居間のふすまを開けると、炬燵に臥せっておられた。

 

外出できる身繕いであった。朝、一度は教会へ行こうと思ったのだろう。私たちを見るとやおら起き上がり、押し入れから座布団をだし、お茶を入れようとした。それをおしとどめて、安否を問い、誕生祝を述べ、ハッピー・バースデイを歌った。うれしかったのだろう、満面の笑顔になった。体調も特別悪そうに見えなかった。このところ朝は厳しい冷え込みが続いているから、体力気力ともにダウンしたのだろう。明日からは、先月から始まった一週間のショートステイに出かける。あまり好きでないらしいが。

 

90歳で、たった一人で、暮らしていけるだろうかと思ってしまう。もっとも、90歳は主からの姉妹への特別な賜物であり、ご計画の中にあることだから、自分に当てはめて考えることはよけいなことかもしれない。

 

姉妹は祈った。「教会の皆さんがよくしてくださるからさびしい思いもしません。皆様の上に神様の祝福が豊かにありますように」。確かに、姉妹にとって、教会生活はなくてならないものである。教会から離れたくないといつも言われる。教会は姉妹にとっては文字通り神の家、自分の家なのだ。数十年の交わりを毎週続けているのだ。思えば教会とは不思議な存在である。かつて、教会の外で活動していた方々も、今は教会だけですとよく聞く。教会はこの地上の最後の砦なのである。

 
| comments(0) | - | 18:01 | category: 銀(シルバーエイジ)の風から |
# スポンサーサイト
| - | - | 18:01 | category: - |
コメント
コメントする









Archives
Recommend
美しき姉妹たち
美しき姉妹たち (JUGEMレビュー »)
三浦 喜代子
最新本です。
ぜひお読みください。
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links