光(キッズ)の風から  流感による学級閉鎖

  • 2012.02.15 Wednesday
  • 21:45
 

六義園の梅

 


孫娘小5年生の
Mちゃんのクラスが閉鎖になった。Mちゃんは幸いなことに問題はない。問題は元気すぎることかも知れまい。ところが3日間蟄居を命じられたのた。学校の時間内は外に一歩でも出てはいけない、学校の時間割通りに勉強するべしとのことである。

 

Mちゃんはその決まりを正しく守っている。きっちり勉強し、休み時間もきっちり休んでいる。おかしいほどである。給食は、配布されている表と同じものをママが作る。笑ってしまう。ところが、二日目の今日、すでに爆発しそうなのだ。エネルギーが有り余っている。

無理もない。下校時間が過ぎたら、お使いに行こうねとママが言って、なだめている。

 

学校の前を通ったら、休み時間なのだろう、校庭には通常通りの子どもたちが広がりあふれかえっていた。今は二クラスが閉鎖とのことである。あと一日だがMちゃんのはちきれる生命力はどんな形をとるだろう。

 

突然、玄関のチャイムが鳴った。クラスの女子がMちゃんを訪ねてきた。外に出はいけない時間である。暴走である。その子は、エネルギーをバレンタインのチョコつくりに注いだらしい。クッキーやら手作りチョコの入ったきれいなプレゼントを持参したのである。Mちゃんは顔と手だけを出して受け取った。「私は金曜日に渡すからね!」との声が聞こえてきた。明日、Mちゃんは手作りチョコに励むようだ。

 

子どもたちはバレンタインのチョコを、本来の用途から外して、女の子同士でも送り合って楽しんでいる。町のお店には、そのためのさまざまなグッズが並んでいる。カラフルなセロファンの袋やシールや小さな手提げ袋などが果てしなく並んでいる。いつからこんな商売が生まれたのだろうと、ただただ驚くばかりである。子どもたちの世界を垣間見ると、見知らぬ国に迷い込んだような気がしてくる。

 

 

スポンサーサイト

  • 2020.05.31 Sunday
  • 21:45
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    美しき姉妹たち
    美しき姉妹たち (JUGEMレビュー »)
    三浦 喜代子
    最新本です。
    ぜひお読みください。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM