希望の風

人生の逆風の中で見つけた希望の風を、小説、エッセイ、童話、詩などで表現していきます。

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日々の風から 細川ガラシャ夫人 | main | 旅の風から 冒険の旅 ウイーンまで その1 3人の妹たちと >>
# 銀(シルバーエイジ)の風から  新しき隣人 デイサービス・デビュー

416日のブログに書きました新しい隣人が、新しい生活を始められて早や1ヶ月が経ちました。80歳を過ぎて生活圏を変えることがどんなにマイナスになるか、よく聞くところです。係わる教会の有志たちはずいぶん心配しました。ところが、K姉はみごとに高いハードルをクリヤーしたのです。

 

以前の生活を惜しんで落ち込むこともなく、近くのスーパーで日用品や食料を整え、ずっと行き慣れている駅ビルやモールにも毎日のように出かけて楽しんでいるようです。しかし老いが進んでいる事実は動かしがたく、ついに介護認定を受け、判定もいただきました。そこで介護サービスを受けるように進めていきました。

現在のK姉にいちばん適したサービスはなにかと、係わる者たちでとことん話し合い、

週1回のデイサービスと週1時間のお掃除をお願いすることになりました。

 

ケアマネさんには、母がお世話になった施設とヘルパーの事業所を推薦しておきましたが、その通りになりました。

 

サービスを受けることについて、牧師夫人を初め係わる者たちが代わる代わる話して聞かせました。初めてのことなので、完全には理解できなかったでしょう。不安があったでしょう。何で私がーーーという葛藤もあったでしょう。

 

デイサービスの前日の夜に、持ち物に名前を書き、バックに収めて用意しました。

翌朝、K姉といっしょに迎えの車を待ちながら、母を思い出しました。同じように玄関の前に出て待っていたのでした。

 

「娘さんですか」と迎えの職員に声をかけられ、思わず笑ってしまいました。でも、そうなのだ、母と娘ほどの年齢差はないとしても、主にある家族として、K姉は私の母であり姉なのだと改めて思いました。そして、母を介護した経験が、このような形で用いられることに感謝し、主は不思議なことをなさるなあと、感慨深く思いました。

 

私たち皆がいちばん心配したことは、いざ、その時になって、拒否しないかということでした。とにかく祈ろうと連絡を取り合いました。ところが、なんと、K姉はすんなりと車に乗り込み出かけていきました。手を振って見送ったとたん、熱いものがこみあげてきました。

 

帰りは、出迎えは不要、一人で出来るとのことでした。到着時間を少し過ぎてから、姉妹宅に行きました。どんな感想が出るかと、これもまた半分心配していましたが、

なんと、姉妹は上機嫌。食事もおいしかった、同じような年代の方々が大勢おられて、いろいろお話しでき、ゲームにも参加し、お風呂も良い気分だったと。念のため、ノートを見せていただきますと、しっかりそのことが記されていました!!。

 

「あんなに良いところが、こんな近くにあるなんて、毎日でも行きたいくらいよ」ですと!

 

もともと姉妹は保育士さん。その上、子どもの集会、教会の交わりなど、人の集まるところの経験は豊かです。弁舌の立つ方で、社交家で、いつも楽しい話題を振りまいています。それがよかったのかもしれません。何にもまして、イエス様がK姉の老後をしっかり見つめ、守り、導いておられるのだと確信しました。

 

こうして、K姉は大きな恵みの内に、デイサービス・デビューができました。

K姉の老いは驚くほどのスピードですが、主もまた力強く立ち上がってくださり、思いに勝る速度で事を進めておられます。主はご自分の翼にK姉を乗せて、五月の空を飛翔しておられるようです。そこに希望の風が吹いているのは間違いありません。

 

| comments(2) | - | 16:03 | category: 銀(シルバーエイジ)の風から |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:03 | category: - |
コメント
K姉の新しい出発の証に希望をたくさんいただきました。
祈りに祈って検討しあったK姉を取り囲むみなさんの姿勢にも、大切な気づきを与えられました。
これからいっそうK姉と周りのみなさんが主にある生活を楽しみ、ゆたかな主の祝福をかみしめる日々が与えられますよう、お祈りしてゆきたいと思います。
優子
| 山本優子 | 2010/05/23 7:09 AM |

K姉の様子や教会員の愛のケアーなどはしっかり記録していきたいと思い始めました。これこそああかしですよね。
教会が出来ることと出来ないこと、行政ができることとできないことなど、見極めながら係わりたいと思います。ご関心を寄せてくださること感謝です。
| 優子様 | 2010/05/23 7:52 AM |

コメントする









Archives
Recommend
美しき姉妹たち
美しき姉妹たち (JUGEMレビュー »)
三浦 喜代子
最新本です。
ぜひお読みください。
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links