光(キッズ)の風から 我が家の春 その2 孫たちの受洗

  • 2010.03.29 Monday
  • 20:39

 イースターに先駆けて、孫たち二人がそろって洗礼の恵みに与った。S君は小学校を卒業したばかりの12才。Mちゃんはすぐ4年生になる9才の少女である。昨年一年は信仰告白から洗礼の決意へ向かう躍進の年であった。教会の牧師と教師兼母である娘は、主から教会に託された魂としてじっと、あるいはそっと、二人の信仰の歩みに付き添ってきた。私はうすうす気づきながら、新生の日はいつになるのだろうかと、黙して祈りつつ待ち焦がれていた。

 

受洗準備の学び、教会役員の諮問会など、いくつかのハードルをクリヤーして、晴れの日に至ったのである。大人だったら一も二にもなく受け入れられることでも、年が若いと言うことでかえって難しかったそうだ。主の教会の一員として、大人だろうが子どもだろうが一人前の扱いなのだから。またその自覚をしなければならない。しかし教会の寛容と愛と祈りが幼い信仰をしっかり受け止めてくださった。過去に6年生の洗礼の例はあるが4年生はなかった教会であった。

 

待ちに待った日がとうとうやってきた。この式にはなんとしても出ずばなるまいとずっと思い願ってきた。私は自分の教会に事情を話して(皆さん大喜びしてくださった)娘ファミリーの奉仕する教会へ出かけた。礼拝の後、講壇下に設けられている洗礼槽が開かれて、彼らは次々に水に沈んで洗礼を受けた。孫たちが水中に沈むのを見て(もちろんほんの一瞬であるが)私は初めて強い衝撃を受けた。罪に死んで、キリストのいのちによみがえることが、はっきりと確認できた。牧師に抱き起こされて立ち上がった孫たちはほんとうに新生した。逞しく生き生きと水から上がった彼らが、何にも勝って美しく清らかに見えた。

 

思えば、孫たちの救いとその洗礼式を目の当たりに出来るなど、こんな恵みがあるだろうか。

主は私に世界一すばらしいプレゼントをくださった。これ以上の宝はない。

 

もちろん、我が子たちの救いのときも感動は天に達するほどであった。そして、親としての大きな責任をひとつ果たしたという安堵感もあったが、これからも手取り足取りで教育し導いていくのだとの新しい責任と緊張は大きかった。(受洗は長女が中学二年生、次女は中学一年生)

 

孫たちのことでは、両親がいるし、教会中が愛し見守っていてくださる。その安心感は大きい。おばばである私はむしろ引き下がっていたほうがいい。ただ一つ、祈ること、全幅の信頼をもって主に委ねることが私の大きな任務だと思う。

 

礼拝の中で、S君もMちゃんも講壇に上がって堂々と救いの証しをした。孫びいきと笑われてしまうが、実に立派な証しだった。神様が彼らを確実に御手の中で取り扱い、救いに導いていく軌跡を鮮やかに知ることが出来た。主は生きておられ、聖霊は勢いよく働いていることが息苦しいほどに伝わってきた。

 

私はまたも一つのみことばを噛みしめた。主の御名はほむべきかな。

『主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたも、あなたの家族も救われます』(使徒の働き16章31節)

 

 

スポンサーサイト

  • 2020.05.31 Sunday
  • 20:39
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    主に感謝します。

    昨年、私の孫も、4年生で信仰告白、バプテスマされました。

     しかも、おじいちゃんにというので、通っている御茶ノ水と相談の上、はるなで、そうさせていただきました。

     こども、孫と2代にわたるめぐみに、たちあわせていただけることは大きな祝福でした。

     今年、御茶ノ水では小学校低学年の子たちが、いままで3人。みな、二代目クリスチャンとならせていただきました。
    • ぐんまのおじいちゃん
    • 2010/03/30 7:49 AM
    おめでとうございます。

    最高の祝福を感謝申し上げます。

    お二人の上に神様からの祝福が豊かにありますように!

    ご家族と、そのお働きの上にも、
    豊かな導きがありますように。

    ほんとにうれしいです!
    • のんびり
    • 2010/03/30 8:19 AM
    本当におめでとうございます!
    祝福を私達にも流してくださりありがとうございます。
    全ご家族の上に神さまの豊かな祝福がありますように!
    • 優子
    • 2010/03/30 10:58 AM
    昨年、サイトで拝見し、心に残っておりました。
    喜んでくださりありがとうございます。

    ご家族の上に、御教会の上にさらに主の恵みがありますように。
    • ぐんまさんへ
    • 2010/03/30 1:41 PM
    ありがとうございます。
    ほんとうに主の恵みです。

    おばばはただ手放しで涙、涙です。
    • ハンナさんへ
    • 2010/03/30 1:43 PM
    喜びのお便りを感謝します。
    ご家族の上にも主の祝福が満ち満ちますように。

    おばば役がんばってください!!
    • 優子様
    • 2010/03/30 1:47 PM
    おめでとうございます。

    いいなー と思ったら、言葉もありません。

    ああ いいなー!!
    • 美雨
    • 2010/03/30 5:33 PM
    コメントうれしいです。言葉がないとおっしゃりながらも、書いてくださるところに、美雨さまのお心が十分に現れていて、言葉以上のメッセージがあふれています。ともに喜んでくださること感謝します。主の御名が崇められますように。
    • 美雨さまへ
    • 2010/03/31 9:43 AM
    おめでとうございます!

    風さまのお喜びは格別なことと思います。
    素晴らしい導き手に囲まれたお孫さんたちの歩みの上に神さまの祝福をお祈りさせていただきます。

    <『主イエスを信じなさい。そうすれば・・・

    この御言葉は喜びを齎してくれる大好きな御言葉です。
    ただただイエス様のお恵みです。それがうれしいのです。そして喜んでくださる友がいること、これもまた感謝です。

    みことばの真実をなおも信じ続けたいですね。
    • チャキさんへ
    • 2010/04/03 9:31 AM
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    美しき姉妹たち
    美しき姉妹たち (JUGEMレビュー »)
    三浦 喜代子
    最新本です。
    ぜひお読みください。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM