希望の風
人生の逆風の中で見つけた希望の風を、小説、エッセイ、童話、詩などで表現していきます。

銀(シルバーエイジ)の風から 真夏の真昼に
 かんな
ロゴス氏より拝借
 

ドアーを閉めて通りへ出た。向こうから、見るからに超高齢の女性がシルバーカーに体をあずながらそろりそろりとやってくる。付き添いはいない。ああ、まるで母のようだ、そう思った。よく見ると顔の形も体つきも母に似ていた。地域の方に違いないが向こう三軒両隣りの方ではない。

 

すれ違いざまに、私は老女性の正面で立ち止まった。

「おいくつになられますか」訊いてしまった。

老女性は歩みを止めて少し腰を伸ばすと、私の顔を見た。驚いた様子もない。穏和な表情である。が、返事がない。ああ、きっと聞こえなかったのだと思って、もう一度質問した。

 

こんどは「年はいくつですか」と訊いた。聞こえたようだった。

「92歳です」とはっきり答えてくださった。

よく見ると、顔のしわの具合まで母のようだった。

「お元気ですね。暑いからお気をつけて」

老女性は目を細めてほほえんだ。すっかり邪気の消えた清い笑顔であった。

私はそのまますれ違った。が、どうしたことだろう、ふいっと涙がこみ上げてきた。自分ながら意外なことだった。しばらくするとそんな自分がおかしくなった。

私は後ろを振り返りはしなかった。もちろん老女性もそうであろう。

 

夏真っ盛りなのに、街路の公孫樹に早くも黄葉が見え、公園の桜の葉も赤付いているのがあった。蝉の遺骸も転がっていた。すっきりしない夏である。このところ巨大な積乱雲に会っていない。

銀(シルバーエイジ)の風からcomments(2) ☆ - ★ kibounokaze
スポンサーサイト
- ★ - ☆ - ★ スポンサードリンク
Comment








92歳の女性に希望の風さんのお母さまの姿を
垣間見られたのでしょうね。

優しく声をかけられ、その女性も嬉しかったと思いますよ。
posted by つっちー : 2009/08/06 10:31 PM :
ときどき感情の揺れがあります。これも自然のことなのでしょう。無理にかき立てたりしないけど、無理に押しとどめることもないでしょう。むしろ、そんな小さな感情の波を受け止め、粗末にせず、できるだけ書き留めておきたいなどとおもいます。
posted by つっちーさんへ : 2009/08/07 7:31 AM :
<< NEWTOPOLD>>