希望の風

人生の逆風の中で見つけた希望の風を、小説、エッセイ、童話、詩などで表現していきます。

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日々の風から 我が落ち葉の記 | main | 日々の風から 年賀状のこと >>
# 銀(シルバーエイジ)の風から 母の退院事情

母が、食事が摂れなくなって10月2日に入院してから70日が過ぎました。その後も平行線でしたが、発語はないものの視線を合わせ問いかけへのうなずきはありました。聞こえておりわかっているようでした。しかし点滴漬けのため浮腫がひどくなり、体内にも水が滞留しているとのこと。主治医となんども時間をかけて話し合いを重ね、胃ろう造設を決断しました。高齢のためかなりリスクはあったのですが、一つ一つ乗り越えて、いまでは順調に高栄養リキッドを摂取しています。浮腫もとれ、点滴も外れ、時々発語するようになりました。

ここまで回復して医療行為が減ってくると、救急病院としては入院させておくわけにはいかないらしいのです。それは法律で定められているとか。私が見るだけでも、家に連れて帰れるのではないかと思うほどです。とは言え、全くの寝たきりで、移動させるだけでも音をたてて壊れてしまいそうなのですが。

もし、施設に行くとすると、療養型老人病院というのだそうです。病院付きの相談員の方が主治医と家族の間に入っていろいろ話を聞かせてくれるのです。わかったことは、次の段階の病院は近辺では探しても無理だとのこと。そこで、再び在宅介護を選びました。今まで以上に訪問看護師とホームドクターとヘルパーさんのお世話になりながら、なんとかやっていこうと決めました。

さて、退院ですが、病院側は年末までにはと考えていたようです。関係者で状況を確認し話し合いましょうとのことで、アマネさん、訪問看護師さん、相談員、婦長さん、私と、集まりました。席上、ケアマネさんは、年末年始はヘルパーさんがいません、訪問看護師さんは1月10日以降でないと訪問できませんと、現場の実情をよくよく話されました。病院側は事情はよくわかりましたと受け止めてくださり、最終決断は主治医からということになりました。

昨日、主治医と面談。母の状況を詳しくお話しいただきました。
主治医はあっさりと、1月13日連休明けを目指しましょうと言ってくださったのです。
ほんとうにほっとしました。クリスマスや新年を家で迎えさせたいとは思いながらも、介護や医療のプロたちのいない日々は不安がいっぱいです。病院にいてくれたらこれ以上の安心はありません。願ったとおり、願った以上になりました。

この病院も決して評判上々ではありません。でも、今回、母の主治医になった方は若手と呼べる年齢とお見受けしますが、実に親身です。自分のおばあちゃんだったらどうするだろうと考えると言われたこともありました。ゆっくりゆっくりいきましょう、急ぐことはありませんと何度も言われました。ずいぶん慰められました。

大勢の方々の祈りがあるからです。なによりもイエス様が母を心配してくださっているのです。私は先生にも感謝していますとお礼を申し上げましたが、同時に主にハレルヤと賛美し感謝の祈りを捧げました。

今年の創作四字熟語に『窮々病院』というのがあって心に残っていますが、母の場合に限ってひそかに『悠々病院』と呼びたくなりました。本当はそんな病院ではないのです。
こうした事情により、母はあとしばらく病院のお世話になります。引き続き覚えてお祈りいただきたくお願いします。
| comments(4) | - | 08:56 | category: 銀(シルバーエイジ)の風から |
# スポンサーサイト
| - | - | 08:56 | category: - |
コメント
希望の風さま
こんにちは

「胃ろう造設を決断しました。・・・浮腫もとれ、点滴も外れ、時々発語するようになりました。」とのこと。
お母様とお話できるって、素晴らしいですね。

「なによりもイエス様が母を心配してくださっているのです」
昨日のメッセージは「わきにおられる主」(箴言3:21-26)でした。
1月中旬は一番寒いときになりますね。
お母様のこと・・・続けてお祈りします。
    シャローム 

| 釣鐘草 | 2008/12/15 8:57 AM |

ありがとうございます。寒さは老いにはことさら厳しいようです。その心配もありますが、くよくよしないようにしたいと思います。
| 釣鐘草さんへ | 2008/12/15 3:30 PM |

ご心労のこととお察しいたします
そんな中でも、若手のお医者様のせいじつな対応
背後に神様のご配慮を感じ、心から感謝が湧き出ますね
神様は生きておられる、賛美します
風さんもお体お大事になさって年末年始お過ごしくださいませ
| まこ | 2008/12/17 10:35 AM |

ご無沙汰しています。お声が聞けてうれしいです。お元気のご様子感謝です。体調のほうはよろしいのですか。よいクリスマスをお迎えください。
| まこさんへ | 2008/12/17 1:33 PM |

コメントする









Archives
Recommend
美しき姉妹たち
美しき姉妹たち (JUGEMレビュー »)
三浦 喜代子
最新本です。
ぜひお読みください。
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links