日々の風から 5月は往く コロナは行かず

  • 2020.05.31 Sunday
  • 18:08

日々の風から 5月は往く コロナは行かず

 

風薫る5月、だれもが大好きな5月、麗しの5月が過ぎ行く。

だれもかれもがコロナに心奪われ、

5月を楽しむことができなかった。

山に海に野原に行けなかった。

庭園にも行けなかった。

家の周りをウロウロするだけだった。

海外の悲惨な状況を見聞きするにつけ

明日は日本ではないか、東京ではないかと

オロオロした。

 

緊急事態宣言と言う聞きなれない言葉が主役になり

自粛要請と言う見えない鎖に縛られた。

 

宣言が解除され、捕虜から解き放たれたが

足元にはまだまだコロナ弾が飛び交っている。

一刻も早く戦場を逃れ、

安全地帯に出たいものだ。

 

こうしているあいだに、

風薫る5月、だれもが大好きな5月、麗しの5月が過ぎ行く。

 

 

今日、5月の最後の日曜日も、

教会は閉鎖、オンラインの礼拝でした。

来週から、待望のリアル礼拝が再開します。

しかし、密を避けて、3回に分けます。

新しい生活様式に従って。

日々の風から 日本全国の緊急事態宣言解除!とはいえ〜〜〜

  • 2020.05.26 Tuesday
  • 11:31

日々の風から 日本全国の緊急事態宣言解除!とはいえ〜〜〜

 

1か月半、東京では2か月に及んだ自粛生活要請が解除された。確かに、他国のようなオーバーシュートはなくロックダウンもせず、グラフで見る限り収束に向かっていることはうれしく感謝なことである。

 

先が見えず増え続ける感染者、死者が続出した日々は身の縮む思いがした。次は自分の番だろうと思ったのは私だけではないだろう。ちょっと熱っぽかったり咳が出たりだるかったりするとギクリとしたこともあった。私が罹ったら家族に迷惑だととっさに思ったこともあった。一方で、近くのスーパーだけでは物足りなく、一駅先の駅ビルに行きたくなったこともあった。しかし、しかし、自分の手足を自分で縛って、心も縛って、ぐっと我慢の日々が続いた。今も、であるが。皆さんそうであろう。今また、第二波、第三波などと不気味な言葉が大きく聞こえだしている。

 

このさなかでの解除である。危ういとはみんな思っている。しかしあの自粛生活はもう限界だとも思っている。経済優先であることは間違いない。だれもがわかっている。今回の解除はショートブレイクなのだろうか。とりあえず一息ついてコーヒーでもいただきましょうという程度なのだろうか。二波、三波が来ないように祈りつつ、政府から送られた「新しい生活様式」という重たいリュックを背負って、未知の道をスタートしたい。

 

日々の風から 自粛は続くよ どこまでか

  • 2020.05.19 Tuesday
  • 13:08

日々の風から 自粛は続くよ どこまでか

 

 

39県が自粛要請を解除された。

該当県はずいぶんホッとされたことだろう。

感染者数などいくつかの懸案事項がクリヤーされたからだろう。

何と言っても明るいニュースである。

といっても「新しい生活様式」という条件付きではあるが。

 

残る9都府県はおあずけである。当然でしょう。

まして東京は都知事の言うように「まだ真っ赤です」である。

3月25日以来の非日常の生活を続けているが、

自粛スタイルがだんだん当たり前になってきているのは感謝なことである。

友人知人に会うことはないが、

今は、メールで繋がり、話ができる。すばらしい世の中である。

皆さん、それぞれに工夫して積極的に乗り越えていこうとしておられる。

いたずらに時を浪費し、嘆いてはいない。励まされうれしくなる。

東京は最後まで残るかもしれない。

一回でもいいから感染者数がゼロの日があればいいねと、

期待する日々である。

日々の風から コロナ自粛の緩み

  • 2020.05.13 Wednesday
  • 20:48

日々の風から コロナ自粛の緩み

 

 人間はどれくらい束縛の緊張に耐えられるのだろうか。圧力の種類にもよるが、難しい課題だと思う。自粛というのがよけい難しさを増している。しかも要請であって命令ではない。法律に違反するとか、違反したら罰則があるとなれば、耐えざるを得ないし、耐えやすいだろうが、コロナに係わる自粛要請はあくまで個々人の判断にゆだねられている。

 

とはいえ、自分の生活状況と一般常識の範囲内で解決できる課題であろう。そして、全国民が、幼い子どもたちから高齢者まで、忍耐した。まだしている。その成果が出たのだろうか、このところ全国的に感染者数、死者数が減少してきている。なんとうれしいことだろう。そうなると、先へ先へと思いが走る。これもまた自然なことなのだろう。自粛の緩みと言われ、警戒されるが今までの反動が出るのだろう。

 

GWが明けて、どことなく人出が多いように思う。それを観察する私が早くも自粛違反だと言われそうだが、いえ、いえ、固く守っていますよ。唯一の散歩場所、近くの公園に行くまでの道々でそう思う。社会的距離の危うさを感ずる。そんなときは、一歩も二歩も下がってちょっと待って、大切な空間を作ることにしている。

 

明日にも、39県で解除されるそうだ。私のところは特別警戒都道府県だから、解除の解放感はおあずけである。きちんと解除宣言が出ない限りじっと忍耐するのみである。諸外国の例にあるような、第二波、第三波の悪夢は見たくない。最後の5分間を大切にしたい。

 

 

日々の風から 自粛要請の続き 新しい生活様式考

  • 2020.05.06 Wednesday
  • 18:06

日々の風から 自粛要請の続き 新しい生活様式考

 

日本のコロナ禍はほんとうに収束に向かっているのだろうか。様々な情報が飛び交っているが、ほんとのところは誰にもわからないのではないか。暗闇の中で手探りしているような状況ではないだろうか。諸外国の実情が参考になるかもしれないが。また、ひと月ほど自粛要請が延長した。文句を言っているのではない。素人でもそう思うから。一人一人が精一杯励まねばと自分自身に言い聞かせている。期間ではなく、感染者数や亡くなる人が納得のいく数値にならねば、自由な日は来ないだろう。

 

今回の自粛延長で「新しい生活様式」が提示された。イラストに見入ったが、自粛生活がより強化された気がする。自粛から解放されても当分は守るべき事柄なのだろう。コロナは私たちの日頃の生活習慣をも変えるのだ。なるほどとうなずくこともいくつかある。

 

食事の仕方が提示されていた。対面で食べないこと、大皿盛りにしないでめいめいに盛るなどがあった。家庭でもレストランでも対面は当たり前になっている。家庭ではたとえ二人でも向かい合う。横並びはない。これを、どこででも横並びにするのは今までの習慣からは不自然と思える。できるだろうか。

 

ふと、思い出すことがあった。かつては日本旅館に行くと、めいめいにお膳が配られた。今もそうしたところもある。右左の人とも適当に距離がある。対面になる時も真ん中はお給仕する方が入れるくらいに距離がある。あの様式は実に衛生的で、感染症対策にも適している。

また、もっと昔は、家族も大きな食卓ではなく、一人一人が箱型のお膳の前に座った。映画のシーンなどによく出てきた。そして、食事中は話をしてはいけないのだった。学校では、給食の前には厳しく手洗いをしつけられ、食後はうがい、歯磨きも教えられた。

 

考えるに、日本型食事スタイルはコロナ防疫で、新しい生活様式としてラッパを吹くまでもないことなのだ。一つテーブルを囲み、大皿を回し、談笑し合いながら食事をするのが、愛のあるファミリーのモデルのようになったのはいつごろからだろうか。戦後であろうか。欧米文化だろうか。良し悪しは別として、定着したスタイルを変えるのは容易ではないが、コロナに押されて、この際、生活スタイルの見直しをするのは大事なことだろうと思う。

 

 

日々の風から 緊急事態宣言延長か

  • 2020.05.01 Friday
  • 11:00

日々の風から 緊急事態宣言延長か

 

 

GWの只中、本来ならば民族大移動のラッパが鳴り響き、

どこもかしこも休日を謳歌する人々でごった返すのに、

空港も新幹線の始発駅も、高速道路も、

映像で見る限り、まるで異次元の世界の様だ。

ホントかしらと目をこするほど。

コロナ感染を恐れるのもさりながら、

人影の消えた銀座通りを見るに、

よくぞここまで自粛していると、改めて偉いなあと思う。

この涙ぐましい努力を見て、

意地悪コロナは何と思うか、

早く退散してもらいたい。

日々の風から スーパーマーケット雑感

  • 2020.04.25 Saturday
  • 17:33

日々の風から スーパーマーケット雑感

 

 

コロナ感染予防対策で、特にGWを迎えるこの2週間は大事だと、小池都知事が盛んに説得している。毎日報道される数字を見るかぎり、決して鎮静化していない。それどろか、このまま上昇し、いつ爆発するかもしれないとハラハラする。諸外国の例が挙げられるが、もし日本がそのあとを追うようなことになったらとんでもないことだ。呼びかけられているように、一人一人の意識と行動によるなら、そうするべきだと当然思いう。

 

今回、日常の買い物場所であるスーパーマーケットの使い方が挙げられた。3日に1回にして下さいと。三密回避のためにはやむを得ないだろう。

 

我が家の周辺には徒歩で5分とかからないところに3店の中くらいのスーパーがある。大きめのドラッグストアーが2店、コンビニは4店ある。スーパーへはほとんど毎日、それも2店はいく。特別に買い物メモを持っていくほどではなくても、とにかく行く。ぶらり行くこともある。

 

今回3日に1回などと言われてみて、改めて自分とのかかわり方を振り返ってみた。実によく行くところなのだ。娘ファミリーと同居ではあるが、基本的には2世帯である。私は独立して生計をしている。だから、日用品はことごとく自分で揃える。食品だけでなく雑貨類もである。自然、必要品の数はかぎりない。それらをなんとなく365日の内にまんべんなく買い揃えていることになる。行けば何品か買ってくる。特価品が目に付けば買うこともある。今は要らなくても買うこともある。メモを持ってそれだけに突進する男性ではとても家庭運営はできない。

 

3日に1回は厳しいが、今は厳戒のコロナ非常時である。それこそメモを持って短時間で済ませるように工夫する。コロナが終わって平和になったら、また、一日に何回もあちこちのス−パーを廻って楽しむことにしたい。散歩がてらに寄る場所でもあるから。

 

日々の風から 自粛慣れ 

  • 2020.04.18 Saturday
  • 11:04

日々の風から 自粛慣れ 

 

私の自粛が始まったのは、3月25日の小池都知事の第一声からであるから、国が7都府県に緊急事態宣言に出した4月7日に先駆けること、2週間前からである。一都民としてこの難事収束のために参加するべきと理解し、覚悟した。以後、公共の交通機関は使っていない。当然、遠方に出かけることはいない。予定はすべてキャンセルした。自分の足だけを頼りに、近隣を歩くのみである。現役ではない強みだろう。

 

最近は日用品の買い物すら最低限にして、たとえ、コンビニでもスーパーでも、ドラッグストアも行かない。時々、籠城だあ、蟄居だあ、いや囚人だあと我が身を例えて自嘲している。ウイスルは高齢者を好むようだし、もしも感染したら家族に迷惑が及ぶ。幸い、友人とは全く会うことはない。一番接触する教会も閉鎖だから、会わない。家にいてもほとんど自室にいるわけだから、24時間三密とはほど遠い。かくして、自粛生活も悪くないなあと、高齢老女は低空飛行の現状を受け入れている。

 

メールやラインで友人知人と絶え間なく安否を取り合っている。この繋がりは大きな威力がある。ありがたいご時世である。この利器を使えないさらに高齢の方々とは電話があり、また郵便がある。いつも間接ではあるが人の気配がある。心がある。愛がある。

 

そうした繋がりから「自粛慣れ」が見えてきた。この時期を好機としてとらえている。嘆き節も隠れ見えるが、大方の方は積極的に暮らしている。

「未読の本を読み始めました」

「家の片付けに取り掛かりました」

「料理する時間が増えました」

「外食しない分、ちょっと高価なスイーツや果物で気分転換しています」

「ラジオをよく聴くようになりました」

「本も飽きるしテレビは疲れる。腰痛がひどくなると遠慮しないで寝ています」

「家族みんな、いつものように仕事に出かけてます」

「老衰で死の瀬戸際にいるペットにかかりっきり」

「孫を預けられて、公園で一緒に遊んでいます。幸せです」

「幼稚園が始まっても登園できない孫が泊まりに来ています」などなど。

 

緊急事態宣言はひとまずGW明けまでとなっているが、果たしてそこで解除になるのだろうか。その時には感染者ゼロになっているのだろうか。諸外国は早くも期限を延長している。厳しいロックダウンしてもである。日本はどうなるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

日々の風から イースター礼拝はネットで

  • 2020.04.13 Monday
  • 11:29

日々の風から イースター礼拝はネットで

 

 

 

今年の復活祭、イースターは4月12日であった。世界中のキリスト教徒が、イエス・キリストのよみがえりを祝い、感謝する、いわばクリスマスと同等の喜びの日です。しかし、です。このコロナ禍では、三密がもっとも警戒されていますから、教会に集まることは控えねばなりません。

 

もう、とっくに、変則的ではありますが、非常時の手段として、ネットを使った礼拝が行われています。できる教会は動画配信を、設備のない教会は音声配信をしています。我が教会は音声配信です。大急ぎでその準備をしました。あらかじめ説教原稿と週報も郵送されてきます。先生は、いつもと違うスタイルに神経を使い、多忙を極めていると思います。

 

しかし、ネットの使用は個人差があります。アナログの人、高齢者は使えません。説教原稿を読むだけでは限界があります。厳しいことだと思います。

 

毎週、何十年と、顔を合わせてきた教会のメンバーと直接に会えないなんて、悲惨です。こんなにも寂しくつらいとは〜〜〜〜〜!。

 

教会以外にも、2、3の組織活動をしてきていますが、すべて休会です。そこのメンバーたちが恋しいこと!!。高齢ではありますが旧友が、ずっと療養したのですが、召されたと報がきました。そこへ、親しい友人のご主人が、施設に入所していたのですが、亡くなられたとメールが来ました。友人はここしばらく面会さえ禁じられていた最中だったと。嘆きはいかばかりでしょうか。

 

世界のコロナ惨状は報道でおおよそを知らされています。日本はこれからなのでしょうか。この闇はもっと深くなるのか、あるいは出口に来ているのか、知る由もありません。

 

ただひとつ、祈りの窓は大きく開いています。祈りを聴かれる神様に届いているはずです。祈る者の確信は大きいです。祈りの窓から希望の風が吹き込んできます。病と闘う専門家の皆さんのアドバイスをしっかり受け止めて、一人の人間として、社会に生きる人間として、その分を十分に果たしていきたいと、気を引き締めて、力の限り祈っていきます。

 

 

 

 

 

 

日々の風から 十字架上の七つのことば その2

  • 2020.04.07 Tuesday
  • 11:47

日々の風から 十字架上の七つのことば その2

 

 

『私の霊をあなたの御手にゆだねます』 

 聖書箇所・ルカの福音書23章44〜47節

『さて、時はすでに十二時ごろであった。全地が暗くなり、午後三時まで続いた。太陽は光を失っていた。すると神殿の幕が真ん中から裂けた。イエスは大声で叫ばれた。「父よ、わたしの霊をあなたの御手にゆだねます。」こう言って、息を引き取られた。百人隊長はこの出来事を見て、神をほめたたえ、「本当にこの方は正しい人であった」と言った』

 

イエス様が息を引き取られる最後に言われたのは「「父よ、わたしの霊をあなたの御手にゆだねます」であった。それも大声で叫んだ。これは父なる神への大いなる信頼を表わしている。死の直前という最も深い闇の中で、イエス様は父なる神を光として見て祈ったのである。そのときイエス様には神様からの平安が与えられたであろう。イエス様のこの言葉は私たちに貴い教えを与えている。

●私たちは神様を天の父として持っている。

この祈りは詩篇32篇5節からのものである。イエス様はそこに「父よ」と加えられた。主の祈りでも「天にいます私たちの父よ」と祈るように教えられた。イエス様を信じた者は神の家族に加えられ、神様を天の父とすることができる。「天の父」を持つことは、何も恐れることはないのだ。父はいつもともに居てくださり、どんな時も決して離れず、見捨てず、変わらない愛で愛してくださる。それが神を父として持つことである。

●私たちは信頼できる父を持っている。

イエス様は「ゆだねます」と言った。ゆだねるとは一番信用できる所に一番大切なものを預けることである。そこが一番安全だからである。信頼できるからである。イエス様は一番大切な霊を一番信頼できる父なる神さまに預けたのである。ペテロ第一5・7には『あなたがたの思い煩いをいっさい神にゆだねなさい。神があたながたのことを心配してくださるからである』とある。私たちは霊的孤児の様になり、天の父を持っていないかのように、思い煩っている。思い煩いの最高の処方箋は父なる神にゆだねることである。

●私たちは大きく強く優しい天の父の御手を持っている。

「あなたの御手に」とイエス様は祈られた。どんな力も神の御手から奪えるものはないと、イエス様は知っていたからである。私たちに、神様の御手を握る力がなくなっても、神様は私たちを見捨てず、勝利の右の御手で最後までしっかりと握っていてくださる。

●私たちは霊的な領域を支配する天の父を持っている。

「わたしの霊を」とイエス様は祈られた。

イエス様は、わたしのからだを、とは言わなかった。私たちは目に見えるからだだけで生きているのではなく、霊的な存在である。神さまは私たちをご自分に似せて創造された。死で終わりではない。死は新しい始まりである。イエス様は一番大切な霊を父なる神にゆだねられた。神様はご計画によって召された者たちにはすべてが益となるように働いて下さる。どんな苦境の中でも、「わたしの霊をあなたにゆだねます」と、父なる神様を信頼してゆだねて行こう。

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

美しき姉妹たち
美しき姉妹たち (JUGEMレビュー »)
三浦 喜代子
最新本です。
ぜひお読みください。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM