CALENDER

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

CATEGORIES

archives

2018.07.18 Wednesday

日々の風から 安否を問われて

0

     

     

     

    (写真は、梅雨明け前の一日、3・11で

    大きな被害に遭った地域を訪問した時のもの)

     

     

    長年、こちらから便りをしてもめったに応答のない友から、電話が掛かってきた。なんと、お元気ですかという安否確認のたぐいだった。友が言うには、そこへ行けばたいてい私がいるある学び会に行ったら、姿がないのでどうかしましたかとのことであった。翌日、もう一人の友からも電話があった。彼らはいまだに家の電話族なのだ。話の内容は同じようなものであった。自分が安否を問われてしまったと、味わったことのない立場に立たされて、ほんのしばらくの間、なんとも居心地の悪い奇妙な気分になった。

     

    近年私は意識的に外出の場を減らしている。自分の年齢、体力などをよく見極めて、優先順位を明確にするようにしている。もちろん彼らにはそんなことまで言えない。心配してくださる友情をうれしく思い、感謝するばかりである。思えば友とはありがたいものだ。電話口で時の経つのも忘れて、ともに学んだ日々のこと、旅したこと、懐かしい恩師たちに話が広がっていった。同じ思い出を共有しているのはなんと貴重で豊かなことだろうか、御国へ帰ったら、日がな一日あの友、この友と語り続けるのだろうか。たぶん、永遠にできるだろう。そんなことにまで想像が深まって、至福のひとときになった。失礼を詫びながら、急いで暑中お見舞いのカードを送った。

     

     


    2018.07.10 Tuesday

    世相の風から 梅雨前線による大雨被害

    0

       

      あまりにも広範囲で,

      あまりにも大きな被害ではありませんか。

      自然界は、日本の国は、

      どうなってしまったのでしょう。

      よその国でも起こっているのでしょうか。

      自分の小さな身辺の、

      小さな記事を書こうと思っているのですが、

      とてもできません。

      心も目も、報道から離れられません。

      被災された方々が

      一日も早く穏やかな日常生活に戻れますように、

      しばらく沈黙して祈り続けたいと思います。


      2018.07.04 Wednesday

      風の仲間たち 幼なじみを天に送って

      0

         

        先月29日に、突然梅雨上げ宣言があって以来、まるで息もつけないような暑さの日々を過ごしてきました。もっとも、小さな生活の中にも、さらに何やらサッカーの大会などもあって、日ごろの静けさが破られ、あわただしく賑やかにまた騒々しくもありました。今朝は、オヤッとあたりを見廻すほどの涼しい気配、大いにホッとしています。神さまのご配慮に感謝します。

         

        先頃、幼なじみの友人が召されました。友人とは召される近くまで交流がありましたので喪失感と感慨は思った以上に大きく、今も心の底に哀惜の情が留まっています。友人は病んでからしばらくして我が教会で救われ、以来、細々とではありますが教会生活を唯一のよりどころとしてきました。残念ながら事情によって教会でお葬儀をすることができませんでした。召されてふた月ほど過ぎてから、親族から教会へ短い一報があったきりでした。教会は礼拝の中で姉妹を偲ぶ時を設け、いちばんかかわりの深かった私が思い出を語りました。その時のメモをここに記して私自身の記念にもしたいと思います。

         

        おはようございます。

        ×月×日に召されたM・T姉とは、まもなく70年の長きにわたる友達ですがエッセンスだけを短くお話しします。姉妹はこの町で生まれ育った方です。H橋の土手の近くに住んでいました。私は小学五年生の時同じクラスになりました。中学もいっしょでした。その後は他の区に移転され、私たちは別々の道を歩みましたが、ちょくちょく会っていました。いっしょに旅行もしました。姉妹がお元気だった青春時代の楽しい思い出は尽きません。

         

        ある時、三十代か四十代かに病気になり、それ以後はお仕事も出来ずずっと病院通いが続きました。そんな中で私は「教会に来てみない?」と誘いました。姉妹はこの地域をよく知っていましたし、移転前の最初の教会も知っていましたので、わりあい素直に来るようになり、やがて、受洗し、礼拝の交わりに加えられていきました。いつしか姉妹にとっては教会生活が大きなウエイトを占めるようになり、とても楽しんでいたと思います。教会の皆さんも、弱い姉妹をいたわり気遣って温かくしてくださいました。二人暮らしのお母さんが施設に入られた時期、みんなでよくお見舞にも行き、お母さんも病床洗礼を受けられました。

         

        お母さんが亡くなった後は一人暮らしになりました。身よりは妹さんだけです。妹さんがすべてのお世話をされていたようですが、詳しいことは分かりませんでした。ある時、骨折して歩行が無理になった時、3年ほど前でしょうか、終の棲家になった隣の県の施設に入居しました。そこへも教会から折に触れて何人かの女性たちと訪問してきました。

         

        最後にエピソードをご紹介します。

        今年の3月初めの事です。姉妹が召される20日ほど前になりますが、はがきが来て、ドーナツが食べたいから送ってほしいと言ってきました。驚いて施設に電話をかけ、話を聞きますと、毎週教会に通っていたころ、JRの駅のそばのミスタードーナツに寄ってよくひと休みしたそうです。あのころがとても懐かしく、いつも決まって食べていたドーナツがどうしても食べたいというのです。2個でいいから送ってと。施設ですから通常、食べ物を送ることは禁止されているのですが、その時私はこの願いはかなえてあげたいと思いました。

         

        姉妹のリクエストするドーナツを2つだけ、朝一番で買いに行ってすぐに送りました。3月初めなので傷むこともないと思いまして。まもなく電話があり、おいしかったわと満足そうな笑い声が聞こえました。そしてしばらく昔の思い出話をしました。私は毎月カードか電話でコンタクトを取ってきましたので、その後、4月半ばにもカードを送りました。今から考えると、その時、姉妹はすでに御国へ旅立った後だったのです。

         

        姉妹は病弱だったこともあって、70歳過ぎまで生きていられるのは神様のおかげだと、とても喜んで、お互いに健康に気を付けてがんばりましょうねと明るく言っていました。ですからこんなに早く召されるとは、私も、そしてご自分でも思ってもいなかったと思います。詳しい事情は分かりませんが、つい20日前に姉妹と話したことを思うと、突然に召されたのかなと、そして、それが神様の最善の時だったと信じます。姉妹はよく『神のなさることは時に適ってうるわしい』とのみことばを愛唱されていました。姉妹を天に送って、寂しさはひとしおですが、主のみわざのゆえに、心から主の御名を崇めます。以上。

         

         

         


        2018.06.29 Friday

        日々の風から もう梅雨明けとは!!

        0

           

          朝からの暑さに辟易して、まだ梅雨のさなかなのにこれはいったいどうしたのって、ひとりぼやいていましたら、突然のように、関東地方は梅雨が明けたと、その筋からの公言があったと知って、「えっ、どうしたの、それってなに?」と飛び上がる思いです。

           

          おかげで?なんだかシャキッとして目が覚めてしまいました。急いでエアコンをオンして様子を見たり、冷蔵庫の製氷皿を洗って氷を作る支度をしたり(私の冷蔵庫は古い、古いタイプ)、真夏のスカートに着替えたり、今夜からの夜具寝具を整えたりして夏準備に大忙しです。武装して襲い来る敵を迎える戦士のような心持ちです。負けてはいられませんから。


          2018.06.19 Tuesday

          日々の風から またも大地震

          0

             

            大阪北部地震に見舞われて直接に被害を受けた方々、

            恐ろしい思いをした方々、

            日常生活が非日常になって、

            不便や苦痛を強いられている多くの方々に、

            小さな心からですが、お見舞い申し上げます。

             

             

            先週一週間は世紀の政治ショーと呼ばれる日朝首脳会談について、外野のお偉方が声高くもっともらしく賛否両論の花火を打ち上げ、マスコミ界を賑やかにしていた。ところで、主役を演じたお二人は今、どんな顔をし、どんな思いをしているのだろうか。暇な私はあれこれひそかに想像の小羽をパタパタさせている。

             

             

            今日の聖書通読箇所

            第二コリント13章13節

            主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが、

            あなたがたすべてとともにありますように。

             

            ローズンゲン6月19日 新約聖書の箇所から

            第一ペテロ・1章18〜19節

            あなたがたが先祖伝来のむなしい生活から贖われたのは、

            金や銀のような朽ちはてるものにはよらず、

            キリストの貴い血によるのです。

             


            2018.06.13 Wednesday

            世相の風から 米朝会談 二人の怪(快)物たちの出会い

            0

              世相の風から 米朝会談 二人の怪(快)物たちの出会い

               

              昨日はほとんど一日中テレビ漬けであった。これだけは見逃せないではないか。世界中が注目し、観た人たちは、政治のプロもアマも、強い感想があったに違いない。プロたちの大きな声ばかりが聞こえてくるが、叫ばなくても口に出さなくても、考えさせられたことはたくさんあるだろう。私ごときでも、家人や友人と語り合ったのだから。

               

              政治音痴の私の感想を一言でまとめれば、顔と顔とを合わせて、互いにしゃべり、しかも会食したことは文句なしによかったと思う。それだけである。大きな問題がすぐに解決するわけがないではないか。居ながらにして自分の国にとっての利益ばかり求めるのはおかしいではないか。

               

              34歳?の青年と72歳の初老年の対面は父親と息子のように思えて、世紀の出来事という大仰な触れ込みを消して、何かしらほほえましいユーモアさえ感じた。つい先ごろまで、互いに罵倒し合い、恐ろしい武器さえちらつかせていた二国、二人が、おなかの中はともかくも、手を差し出して、握手したのだ。何度も何度も手を握り合ったのだ。お芝居であってもいい、それができたことはよかったと、超単純人間は思ったことである。もちろん、二人を舞台に乗せるまでに陰で労したいくつかの国、大勢の人々の力も大きかったと思う。いくつかの会場に添えられた白と緑の盛花がいかにも涼しげで心和んだ。

               

              『平和を作る者は幸いである』マタイ5・9

               

               

               


              2018.06.06 Wednesday

              日々の風から 雨 ざあざあ 降ってきて

              0

                 

                 とうとう梅雨に入った。来るべくして来たのだから何も言えない。当然の事として迎えなければならない。しかもよく考えれば大事なお客様である。しかし大事なお客でも待ちに待った歓迎すべきお客様とは言い難い。ごたごたと歯切れの悪い物言いになったが、さあ、この梅雨のひと月あまり、用心して過ごしたいと思う。この時期は私にとって一番体調に悪いからだ。だれしもそうであろうけれど。また、大きな自然災害がないようにと願う。

                 

                今年の梅雨はきっぱりと入ってきた。雨脚も勇ましく音を立てて入ってきた。まさしく、ざあざあ降りだった。JR駅ビルのスーパーに行くのをやめて、近所で済ませた。途中、公園の中を横切った。きっとふだんとは違う表情をしているに違いない、梅雨入りの特別な顔が見られるかと期待して寄ってみた。樹々の枝々が雨水を含んで生き生きとしていた。人っ子ひとりいなかった。雨脚がいつもの騒音をかき消して森閑としていた。通ってよかったと思った。帰りも通ったが、だれもいなかった。気をゆるしたのか一羽のスズメが私の気配にも動じず、ゆっくりと大樹の後ろに入って行った。

                 

                樹も草も しづかにて  梅雨はじまりぬ 日野 草城

                 

                 

                 


                2018.06.02 Saturday

                日々の風から 去る月、来る月 

                0

                   

                  季節の一般的なイメージでは、一年で一番過ごしやすいのが5月ではないだろうか。特に風がいい。薫風と呼ばれて人気がある。陽光もいい、さつき晴れと聞くと心まで爽快になる。

                   

                  その5月も去った。追いかけるように入り込んできたのは6月さん。お気の毒だがちょっと敬遠したくなる。6月のせいではなく、梅雨だから。梅雨ももちろん欠かせない大事な自然現象であり、避けては通れない。しかし雨の過多は直接私たちの生活に多大な影響を及ぼす。大雨も困るが、水不足はもっと困る。その6月に入った。どんな一か月になるのだろう。このひと月のためにご支配者である神様に祝福をいただけるように祈りを捧げねばならない。

                   

                  自然の事だけではない。世界情勢のためにも思いを込めて祈らねばならない。米朝のトップたちが顔を合わせるかどうかが目下最大の話題だ。一度会ったからといってすべてが解決するわけではないことはだれもがわかっているが、会うことはいいのではないか。人と人は顔と顔を合わせることが大事だと思う。世界のトップだけでなく、私たちも親族や友人たちと疎遠すぎるのはよくない。この6月、ご無沙汰している方々と会える月にしたい。

                   

                  思いのままに書いていると、筆がぶれて方向を見失う。しかし、思いのままに書くのも一興ではないかなどと、書きながら我流に道を与えてしまう。老々の思考は迷走する。

                   

                  次回はシャキッとした記事になるように励みます。

                   

                   

                   

                   


                  2018.05.28 Monday

                  風の仲間たち 私のお手本

                  0

                     

                     

                    先日、書き仲間の先輩を囲んでお祝いをした。お祝いの理由は米寿を迎えられたこと、お国から叙勲されたこと、私たちの小さな組織に30年にわたって属し、活動のすべてに一度も欠かすことなく参加され続けたことであった。模範的な先輩であり私のお手本である。

                     

                    彼は奥様をだいぶ前に亡くされて以来、ほとんどお一人暮らしである。一時期ひそかに心配したこともあったが、心も生活も立て直して、今ではすっかりマイペースで進んでおられる。彼はご自分を「プログラム人間」と呼ぶ。つまり、一日24時間をきっちり時間割し、その通りに活動するそうだ。お話を聞いていると実に楽しい。マネしたくなってくる。

                     

                    掃除も洗濯も買い物の時間ももちろんある。お食事つくりは大事なプログラム。何にもまして驚嘆するのは、聖書を読みお祈りをし、その後午前中はたっぷり研究と執筆に当てる。これがすばらしい。聖書研究から始まって内外の文学者の働きを調べてはまとめている。資料を求めて月一回は上京し、神田の古書街を歩き、銀座の教文館へ行かれる。その辺りでお食事とか。判で押したように長年続けてこられた。夕方は讃美歌や唱歌を小一時間歌うそうである。これがなんとも珍しくおもしろい。触発されてこれだけはすぐに始めた。執筆の中に時々俳句集があり、短歌集があり、短詩集がある。多彩である。

                     

                    こうして彼は90歳への坂をゆっくりと上っている。最近、杖を用意しましたと言われたが、この日、それは見当たらなかった。東京まで約2時間を往復されている。皆で書き合った色紙を本棚に飾っていますと早速メールがあった。彼の足跡を辿らねば。

                     

                     


                    2018.05.21 Monday

                    日々の風から 五月晴れと呼べる日はわずか

                    0

                       

                      今日のお天気は理想的な五月晴れではないだろうか。日差しは強くまともに浴びるのは怖い。帽子か、それより日傘がいい。しかし吹く風は正に薫風、緑の下では緑風と呼びたい。速足で長く歩けば汗ばむが不快なほどではない。空は真っ青である。湿度はどれほどであろうか。からりとしている。遠出はできなかったが、家の周辺を3度も廻った。もったいなくて日暮れ前にもう一度近くの公園を巡った。こんな日はめったにない。それに、5月も下旬に入った。五月晴れと名づけられる日は幾日あるだろうか。この日を喜び感謝せずにはいられない。

                       

                       

                       

                      昨日は教会ではペンテコステ礼拝が行われた。「ペンテコステ」とはギリシャ語で50と言う意味である。主の復活の日から50日目、12弟子、女性たちを始め120人ほどのイエス様の弟子たちが祈っていた。そこへ突然に激しい風が吹き響き渡って聖霊が下った。聖霊は三位一体の一位格の神様で、いわばイエス様であり父なる神様でもある。

                       

                      礼拝の説教は、聖霊が下ったすぐ後に、ペテロの説教によって3000人もの人が救われた大きなみわざを記す聖書記事から、現在の教会がこのペンテコステの祝福のみわざを得るための備えについて語られた。第一は、心を一つにして祈ること。第二は聖書を重んずること、第三は神に従順にしたがう献身が必要であること。

                       

                      三つの教えはいわば信仰生活、クリスチャンの基本である。だれでも祈っている、聖書を読んでいる、神に従う思いは強く抱いている。しかし、どこかで不徹底であり、自己流が混じっている。一人では祈るが、親子、夫婦、特に教会で大勢が一致して祈ることは足りないかもしれない。祈祷会が振るわない。聖書は片時も離さない、しかしみことばを100%信じているかと問われれば、理屈や言い訳が入る。神に従い神に捧げることもしているが、全き献身ではない。自分のご都合が入る。ああ、こんな基本ができていないのだ。伝道しにくい世の中になったのではないのだ。私一人の態度がいい加減なのだ。これではペンテコステの礼拝に集っても形式にすぎない。この日の説教で、深いところを探られ抉られた思いである。

                       

                       


                      | 1/180PAGES | >>